Steam、同時接続ユーザー数を1ヶ月ぶりに更新し2,800万に迫る。インゲームユーザーのピークも最高記録

 Steamの非公式データベース「SteamDB」によると、協定世界時で2022年1月2日14時(日本時間で23時)ごろ、Steamの同時接続ユーザー数が27,942,036人となり、過去最高の数値となった。昨年11月28日に更新した記録を1ヶ月という短いスパンで塗り替えた形となる。

 このとき、その中の8,219,950人がゲームをプレイしており、インゲーム人数のピークも2020年4月以来の最多を更新している。

▲画像は「SteamDB」より

 昨年11月末に27,384,959人を記録してから、12月は微減となっていた同時接続ユーザー数。

【関連記事】
Steam、同時接続ユーザー数が過去最高の2,700万人を突破。782万人が同時にゲームをプレイ

 Steamでは年末年始、「Steamウィンターセール2021」の開催や「STEAMアワード」の発表などイベントが盛りだくさんとなり、再び大きな盛り上がりを見せた。これにより、同時接続ユーザー数は2,800万に迫る過去最高の数字を記録。

【関連記事】
『バイオハザード ヴィレッジ』がSteamアワードのゲームオブザイヤーを受賞。世界が認めた国産ホラーゲーム

 2008年に100万人水準だったスチームの同時接続者は2015年に1,000万人、2020年に2,000万人を記録するなど、急成長を見せている。2022年2月には延期となっていたSteam Deckがアメリカ・カナダ・欧州・イギリスで出荷開始予定。こちらも追い風となって、さらなる記録更新もありうるだろう。2,800万人、そしてその先の3,000万人を突破する日も近いかもしれない。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES