『クレヨンしんちゃん オラと博士の夏休み』アジア版の販売が決定。しんちゃんは韓国で“シン・チャング”として大人気

 ネオスは、2021年7月に発売したNintendo Switchソフト『クレヨンしんちゃん オラと博士の夏休み ~おわらない七日間の旅~』のアジア版を、台湾、香港、韓国にて2022年5月に発売することを発表した。

 国内で累計出荷数30万本を超えるヒットを記録した本作だが、海外各地からも販売を熱望する声が上がっていたという。その中でもアジア地域の言語に対応したパッケージおよびダウンロード版を希望する要望が多かったことから、今回のアジア版の販売を決めたそうだ。

 アジア圏ではアニメ、原作コミックのローカライズが展開されており、世界各国で人気を博している 『クレヨンしんちゃん』 。なかでも韓国では「짱구는 못말려」(チャングヌン モンマルリョ)として知られており、しんちゃんは「シン・チャング」という名前で、子どもから大人まで幅広い世代に親しまれているのだ。

 そのほか、韓国の洋服ブランド「SPAO」とのコラボ展開も実施。作中に登場していたパジャマなどのグッズ販売が行われるなど、しんちゃんの人気ぶりが見て取れる。

SPAO「クレヨンしんちゃん Good night Pajamas」販売ページより

 アジア版は販売先各国のテキストと音声に対応し、現地で放送されている『クレヨンしんちゃん』のアニメと同じ声優による音声が収録。ゲーム内の一部デザインを変更するなどの調整が加えられた完全ローカライズ版としてリリースされるようだ。

  『クレヨンしんちゃん』『クレヨンしんちゃん』の人気・知名度が共に高い台湾、香港、韓国にて、本作のローカライズ版がどのような結果を残すことになるのか、注目したい。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
島中 一郎(Ichiro Shimanaka)
島中 一郎(Ichiro Shimanaka)https://www.foriio.com/16shimanaka
ライター。ゲーム・アニメ業界を中心にニュース記事の執筆、インタビュー、セミナー取材などマルチに担当。ボードゲームが趣味であり、作品のレビューや体験会のレポートを手掛けるほか、私生活で会を催すことも。無類のホラー好き。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES