2022年5月の海外進出に成功した中国モバイルゲーム LilithGamesの『神觉者-Dislyte』がセールス好調、伸び率トップに

▲画像はSensor Tower「2022年5月成功出海的中国手游 – 莉莉丝《Dislyte》空降收入榜,腾讯《王者荣耀》海外收入创新高」より

 アメリカの調査会社Sensor Towerは同社のブログにおいて、2022年5月の海外進出に成功した中国のモバイルゲームTOP30を公開した。なお、本記事の数字は同社の推計によるものである。また、ここでの海外とは、中国を除く世界市場のことを指す。

▲2022年5月、海外市場における中国モバイルゲームのセールスランキング

 LilithGames(莉莉丝)が5月10日にリリースした神話ベースのターン制RPG『神觉者-Dislyte』は、米国、台湾、香港、マカオのApp Store無料ダウンロードランキングでリリース初日に首位を獲得し、海外セールスランキングで18位、伸び率ランキングでトップとなった。同作は5月の時点で海外売上高が約2,000万ドル(約27億円)と推定され、そのうち米国市場が53%以上を占めている。

【関連記事】
2022年5月、中国モバイルゲーム企業のグローバル収益ランキング 新作リリースによりLilithGamesが収益を伸ばし好調

 CamelStudioのストラテジー『Age of Z Origins』は期間中、タイタンイベントなど新コンテンツを実装。海外での売上が3年ぶりの高水準となり、3ランクアップの10位に浮上した。主な市場は米国と日本。

 テンセントの『王者栄耀』は、期間中のイベント「五五朋友节」などが牽引し、海外における日間・月間の売上で新記録を達成。海外売上高が前年同期比35%増の1300万ドル(約18億円)以上となり、26位にランクアップしている。

 現在、『王者栄耀』は海外では主に『Arena of Valor』として各地域向けにローカライズされて配信しているが、6月にグローバル版『王者栄耀』の年内リリースが改めて発表されている(関連記事)。

 一方、売上高伸び率のランキングでは、前述の『神觉者-Dislyte』が首位を獲得。

▲2022年5月、海外市場における中国モバイルゲームの売上高伸び率ランキング

 次ぐ4399 GamesのファンタジーアドベンチャーRPG『秘境传说:神木遗迹』(Dragon Hunters: Heroes Legend)は、台湾、香港、マカオ市場での展開に続き、5月上旬に東南アジア市場にも拡大。リリース初日には、ベトナム、タイ、インドネシアなどのApp Store無料ダウンロードランキングで上位にランクインした。期間中の海外売上高は前年同期比130%増となり、成長率ランキングで2位となった。

 ONEMTの放置系RPG『少女廻戦』は、2022年4月に台湾、香港、マカオ、北米でリリースして以来、1ヶ月間台湾での好調をキープし、海外売上高が前年同期比214%増を記録。伸び率ランキング3位を獲得している。

 HoYoverse(miHoYo)の『崩壊3rd』は、5月に本編29章を開放するアップデートを実施し、新キャラクターやコスチュームを追加。海外売上高は前年同期比75%増となり、4位にランクインしている。

 NUVERSE(朝夕光年)によるDCコミックスのヒーローを題材にした放置系RPG『DC英雄:放置联盟』は、4月下旬に韓国、東南アジア、台湾、香港、マカオでリリース。その後順調に推移し、9位にランクインしている。同社にとって、同じく放置系RPGの『放肆武林』に続くヒットとなった。

 37Games(三七互娱)は期間中、欧米向けにストラテジー『Ant Legion: For The Swarm』をリリースした。類似するヒット作『ザ・アンツ:アンダーグラウンド キングダム』でも扱っている「アリ」の戦いをテーマにしており、欧米で人気を獲得。11位にランクインした。

 そのほか、KOMOE GAMEのメカ少女×ターン制戦略RPG『アーテリーギア‐機動戦姫-』(机动战姬:聚变)や、TAIHE INTERACTIVE(钛核互动)の三国志をテーマにしたARPG『Dynasty Legends 2』などが初めてランクインしている。

 そして、海外市場におけるダウンロード数ランキングでは、テンセントの『PUBGモバイル』が982万以上のDLを記録し、引き続き首位となった。初登場の新規タイトルは12位にランクインした『神觉者-Dislyte』。

▲2022年5月、海外市場における中国モバイルゲームのダウンロードランキング

 Joymaster Studio が2022年4月にリリースした『Parking Jam: Mega Escape』は800万DLを突破し、3位にランクイン。インドからのDLが大半で、78%以上を占めている。

 そのほか、Sixcubeのレースゲーム『Shape-shifting』は期間中、海外でのダウンロード数が16%増加し、順位を6つ上げて7位に浮上。また、Yalla Technologyのボードゲーム『Yalla Ludo』は海外でのダウンロード数が39%増加し、9ランクアップの11位となった。

▲ボイスチャット付きのボードゲーム『Yalla Ludo』

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES