Niantic、NBAの公式モバイルゲーム『NBA All-World』発表 位置情報を用いた新たなスタイルのスポーツゲームに

 『ポケモンGO』の開発などを手掛けるアメリカのNianticは、新作リアルワールド型モバイルゲーム『NBA All-World』を製作中であることを発表。同時に事前登録の告知動画を公開した。

 本作は北米のバスケットボールプロリーグNBAから公式ライセンスを受けた作品で「バスケットボールを毎日の生活に取り入れられる新しいスタイルのゲーム」としている。

 『NBA All-World』の詳細については公開されていないものの、本作の大きな魅力となるのは新たなスポーツゲーム体験であり、バスケットボールの 1-on-1 や収集、ファッションなどが現実世界と融合した作品となるようだ。

 本作の開発パートナーはオーランドに拠点を置く開発会社HypGames。ここ数年では『Ultimate Golf!』のようなスマーフォン向けスポーツゲームをリリースしている。

 また、開発にはセガの1999年に発売された『NBA 2K』のプロデューサーを務めたMarcus Matthews氏が携わっているとのことで、同氏が本作の指揮を執るようだ。

 本作はすでにソフトローンチ段階に入っているとのことで、公式サイトでは事前登録がスタートしている。

 新たなスポーツ体験が楽しめるという『NBA All-World』。本作はリアルワールド型のモバイルゲームということで、スマーフォンなどを用いた位置情報の共有がどのようにスポーツゲームに活かされるのか注目だ。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
富士脇 水面(Minamo Fujiwaki)
富士脇 水面(Minamo Fujiwaki)
プラットフォーム問わず、FPSやRPGなど多種多様なジャンルをプレイする雑食ゲーマー。人生を変えたゲームの魅力を伝えるため、WEBメディアを中心に活動中。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES