中国、先月に続き7月も版号を交付 bilibiliのPS5版『フィスト 紅蓮城の闇』など新たに67タイトルを認可

▲画像は国家新聞出版署Webサイトより※クリックで拡大

 中国・国家新聞出版署が7月12日にWebサイトを更新し、新規の版号67件を7月11日付で発行したことを明らかにした。

 今回は新たにByteDance 傘下のNUVERSE(朝夕光年)、bilibili、YOOZOO(游族)などの大手企業が版号を取得している。ただしテンセント、NetEase Gamesの最大手2社は版号が交付されておらず、4月の審査再開以降、1度も新規タイトルが認可されていない。

 NUVERSE はモバイル向けに魔法と機械が融合したファンタジー世界を舞台にしたARPG『CoA』(晶核)の版号を取得。

 一方、bilibiliは版横スクロールメトロイドヴァニア『フィスト 紅蓮城の闇』(暗影火炬城)のPS5版が認可された。

 また、YOOZOO(游族)は史実の偉人とドワーフなど精霊たちが登場するストラテジー『战火与永恒』で版号を取得した。

 中国では新たにゲームを配信・販売する際、行政機関である国家新聞出版署から「版号」(ライセンス)を交付される形で認可を受ける必要がある。

 今年4月、約8ヶ月ぶりとなる版号の発行が行われ45件が認可されると、6月に60件が新たに認可。そして7月も続けて版号の交付が行われたことで、今後は従来の月1ペースで審査が行われていくのではないかと考えられる。

 なお、先月に引き続き、中国国内のオンラインゲーム認可のみに留まっており、日本を含む海外タイトルは版号が交付されていない。

【関連記事】
中国、約9ヶ月ぶりに新規ゲームの版号を交付 37 Games、Lilith Games、4399 Gamesなどの新作タイトルが認可《4月版号交付》
中国、2ヶ月ぶりに版号を交付 miHoYoやPerfect Worldの新作含む60タイトルが認可《6月版号交付》

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES