NetEase Games、『Halo Infinite』のJerry Hook氏率いるスタジオ「Jar of Sparks」を設立

 NetEase Gamesは7月18日、アメリカ・シアトルを拠点とする新スタジオ「Jar of Sparks」の設立を発表した。同スタジオではAAA規模のタイトルを手掛け、没入感が高い物語主導型(narrative-driven)アクションゲームの開発を目的としている。

 CEO兼スタジオヘッドにはJerry Hook氏が就任。同氏は初代Xboxの立ち上げに貢献し、Xbox Liveの創設メンバーとなった人物。「Halo」や「Destiny」といったフランチャイズにも携わり、近年は『Halo Infinite』のヘッドデザイナーを務めた。NetEase Gamesが発表した内容では「新しく、革新的で、プレイするのが楽しくなるようなゲームを作りたい」とコメント。

 ほかにも、業界のベテランが多数参加。「Batman Arkham」シリーズのリードナラティブデザイナーを務めたPaul Crocker氏がクリエイティブディレクターとして就任し、2016年の『DOOM』でプロデューサーを務めたGreg Stone氏がエグゼクティブ・プロデューサーに、「SSX」や「NBA Street」、「Halo Infinite」に携わったSteve Dyck氏がゲームプレイディレクターとして就任している。

 Jar of Sparksは全く新しいフランチャイズの構築を目指して、グローバルな採用活動を行う。あらゆる分野の優秀な人材を募集しており、LinkedInページで求人情報を掲載している。

 なお現在、NetEase Gamesが本拠を置く中国では、新たにゲームを販売する際に行政機関から許諾を受ける必要があるのだが、同社は1年以上新規タイトルが認可されていない状況。

【関連記事】
中国、先月に続き7月も版号を交付 bilibiliのPS5版『フィスト 紅蓮城の闇』など新たに67タイトルを認可

 そうした背景のなか、NetEase Gamesは2022年、著名なクリエイターを迎えつつ海外にスタジオを構える動きが活発化。すでに複数のゲームスタジオを立ち上げており、今年1月には「龍が如く」シリーズで知られる名越稔洋氏の「名越スタジオ」が(関連記事)、5月にはMMORPGの開発経験が豊富なJack Emmert氏を代表とする「Jackalope Games」が設立(関連記事)されている。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES