『マインクラフト』がゲーム内コンテンツのNFT化をサポートしない方針を発表 ガイドライン制定に先駆けてブログ内で言及

 マイクロソフト傘下のMojang Studiosは7月20日(現地時間)、同社の『マインクラフト』公式ブログで「マインクラフトではNFTおよびブロックチェーン技術をサポートしない」との方針を明らかにした。

 同社は『マインクラフト』コミュニティからNFTやブロックチェーン技術に関する明確な見解や透明性を求める声が挙がっていることから、ガイドライン制定に先立って「マインクラフトとNFT」と題した公式ブログを更新したという。近年はマインクラフトのゲーム内コンテンツを利用したNFTプロダクトを販売する企業が登場しており、ユーザーからのフィードバックが増えてきたものと見られる。

 その中で、「NFTにまつわる投機的な価格設定と投資の考え方が、『マインクラフト』の精神と反する」と主張。ゲーム内でNFTおよびブロックチェーン技術をサポートしないほか、第三者が『マインクラフト』のゲーム内コンテンツをブロックチェーン技術によってデジタル資産とする行為も許可しないと定めた。

 一般的にコンテンツのNFT化とは、ブロックチェーン技術を利用して唯一無二のデータとすることでアイテムに希少性を付与する技術とされる。しかし、NFTがもたらす希少性は「持つ者と持たざる者を生み出す」として、創造的かつ皆で利用することを是とする『マインクラフト』のゲームプレイと矛盾すると説明。

 また、信頼性の低いサードパーティ製NFTが、購入したプレイヤーに損失を与える可能性についての懸念にも言及している。

 2022年1月には、『マインクラフト』の非公式NFTプロジェクト「Blockverse」が100万ドル以上を売り上げた直後に、公式サイトやサーバーを削除し行方をくらませるという出来事が「PC Gamer」により報じられた。

 なお、Mojang Studiosは「現時点でマインクラフトにブロックチェーン技術やNFTを実装する予定はない」としつつ、今後もブロックチェーン関連の技術発展を注視していくという。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES