Garenaが数百人をレイオフとの報道 親会社のSeaが約133億円の四半期損失を計上したのち規模縮小へ

 9月9日、Garenaがシンガポールの親会社Seaの縮小に伴い、中国・上海のスタッフ15%を削減することがロイター通信の報道により明らかになった。Seaは「中核事業に資源を集中させるため」としている。

 Garenaは、モバイル向けバトロワ『Free Fire』の開発会社として知られるゲーム会社。親会社のSeaが先月9億3100万ドル(約133億円)の四半期損失を計上し、グループのゲーム部門である同社では、中国・上海のスタッフ15%を解雇する数百人規模の削減が行われるようだ。

 多くのゲーム会社が減収減益を報告しているように、ゲーム業界が全体的に鈍化しているのに加えGarenaは今年2月、『Free Fire』が主要市場であるインドで禁止されたことが大きな打撃になったものと考えられる。

 インドでは国家安全保障上の都合として中国製アプリの禁止措置を度々行っている。Seaの本社はシンガポールであるものの、テンセントの出資を受け、有力パブリッシャーと提携したタイトルを東南アジアで配信していた。

【関連記事】
インド、2020年6月以降5度目となる中国製アプリの禁止措置を発表。人気バトロワ『Garena Free Fire』の配信も停止

 ロイター通信の報道によると、Garenaではゲームのライブストリームおよびコミュニティ アプリである 「Booyah!」の開発スタッフも解雇されているとのこと。このほか、eコマースなどを担うShopeeはアルゼンチンから撤退し、チリ、コロンビア、メキシコなど現地事業を停止している。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES