Com2uSの新作『サマナーズウォー:クロニクル』、韓国リリース後27日間で累積売上高100億ウォン(約10億円)突破

 9月13日、Com2uSがモバイル/PC向けに提供している『サマナーズウォー:クロニクル』について、韓国でのリリース後27日間で累積売上高が100億ウォン(約10億2,579万円※)を突破したことが明らかになった。複数の現地メディアが報じている。

※執筆時点の最新取引レートで計算

 『サマナーズウォー:クロニクル』は、グローバルで展開するモバイルRPG『サマナーズウォー: Sky Arena』のIPを活用し、MMORPGに落とし込んだ作品。『サマナーズウォー: Sky Arena』でおなじみの召喚獣やオリジナルの召喚獣と共に冒険ができ、ダンジョンやタワーの攻略、仲間と協力するレイド、プレイヤー同士で競うアリーナなど、さまざまなコンテンツが用意されている。

 報道によると、『サマナーズウォー:クロニクル』における韓国での27日間の売上高は、『サマナーズウォー: Sky Arena』リリース時の同期間と比較して5倍の勢いで推移。

 ユーザーのさまざまな環境に対応するため、モバイルとPCのマルチプラットフォームで展開したことが功を奏したという。とりわけ韓国のAndroid向けアプリストアである「ONE STORE」とPC版での収益性が高く全体の37%を占めた。

 現在、日本でのリリース時期は不明だが、事前登録を受付中。現地で勢いのあるタイトルだけに、日本を含むグローバル市場で定着するか、要注目だ。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES