Rockstar Gamesが第三者のネットワーク侵入を受け、「GTA」最新作の情報が流出 開発は予定通り進む見込み

 Rockstar Gamesは9月20日、同社が手掛ける「グランド・セフト・オート」(GTA)の最新作について、第三者からのネットワーク侵入を受けたことを明らかにした。

 18日、まだ正式に発表されていない『グランド・セフト・オートVI』(GTA6)とされるタイトルの開発中映像(90以上のビデオクリップ、およびスクリーンショット)がYoutube上でリークされていたが、その内容を認めた形。Youtubeにアップロードされた該当の映像は親会社Take-Twoが著作権侵害の申し立てを行い、削除済み。

 海外フォーラムによれば、リーカーには映像と共にソースコードやアセットなどのデータも流出したとされるが、Rockstar GamesはTwitterで「現時点では、当社のライブサービスに支障をきたすことはなく、進行中のプロジェクトの開発に長期的な影響を及ぼすことはない」との見解を示しており、制作は予定通り進む見込み。

 重要なソースコードが流出した場合、エクスプロイトやハッキングへのおそれから、発売時期が延期されることがありうる。現時点で追加のリークが行われない保証はないが、Take-Twoが投資家向けに米国証券取引委員会(SEC)へ提出したレポートでは、「私たちはすでにこのインシデントに対して、封じ込めるための措置を講じています」と報告されている。

▲訳文「先日、不正な第三者が当社のシステムに侵入し、「グランド・セフト・オート」最新作の初期開発映像を含む機密情報を不正にダウンロードする事件が発生しました。現時点では、当社のライブサービスに支障をきたすことはなく、進行中のプロジェクトの開発に長期的な影響を及ぼすことはないと考えています。」

「このような形で次回作の詳細を皆様にお伝えすることになり、大変遺憾に思っております。「グランド・セフト・オート」次回作の制作は予定通り進め、これまで同様、プレイヤーの皆さまの期待を超える体験をお届けすることをお約束します。もちろん、次回作が完成した際には、きちんとご紹介させていただきます。このような状況の中、皆様の変わらぬご支援に感謝申し上げます。」

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES