Netflix、南カリフォルニアに新スタジオを新設へ クラウドゲーミングへの進出を検討

 Netflixは10月19日、南カリフォルニアに新しい自社スタジオを開設することを発表した。あわせて、クラウドゲーミング分野への進出も検討されていることが明らかになった。開設される日時など、詳細は不明。

 これは米ITメディアTechCrunchが主催するテックイベント「TechCrunch Disrupt 2022」の中で、同社のゲーム担当VP・Mike Verdu(マイク・ベルドゥ)氏が語ったもの。Verdu氏によると、南カリフォルニアの新スタジオは、『オーバーウォッチ』のエグゼクティブプロデューサーを務めた経験があるChacko Sonny(チャコ・ソニー)氏が率いるという。

 Netflixは9月、フィンランド・ヘルシンキに初の社内ゲームスタジオを設立。今回の発表が実現すれば、ふたつ目の社内ゲームスタジオ立ち上げとなり、Netflix Games所有のスタジオは合計で5社となる。同社はグローバルに通用する社内ゲームスタジオの構築を目指しており、それぞれ強みと注力分野が異なるスタジオで多様な作品を開発する方針を打ち出している。

【関連記事】
Netflix、フィンランド・ヘルシンキに初の社内ゲームスタジオ立ち上げ 所有する4つのスタジオで多様な作品を開発する方針

 Verdu氏によると現在、Netflix Gamesはサービス中のゲームが35タイトル、自社で開発中の作品が14タイトルとなり、計画が進行中のものを合わせると合計で55タイトルが存在しているという。

 また、クラウドゲーミングへの参入については、Xbox Game Passなどコンソールで展開しているサービスの代替となるものではなく、ビジネスモデルがまったく異なるものであるとしている。現行のゲームサービスの付加価値となる形で、クラウド化を進めていく構想とのこと。

 なおクラウドゲーミング市場では先月、Googleが「Stadia」のサービス終了を発表している。

【関連記事】
Google、クラウドゲーミングサービス「Stadia」を2023年にサービス終了へ 日本ではローンチされず

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES