Supercell、米国に元Riot Games・元Valveなどベテラン開発者が参加する2つのチームを新設

 

 Supercellは12月6日、米国で新たに2つの開発チームを組成したことを明らかにした。北米のゲームスタジオを率いるRyan Wener氏がLinkedinへの投稿で伝えている。

 昨年12月、北米スタジオの開設する計画を明らかにしたSupercellは、モバイルゲーム以外の分野にも進出する方針を打ち出していた。

【関連記事】
Supercellが北米に新たなゲームスタジオを開設。モバイルゲーム以外の事業にも進出する方針

 発表によると、新たに組成される2つの開発チームのひとつには、元Riot Gamesのシニアエンジニアで『League of Legends』のテクニカルリードを務めたMaya Kylmamaa氏、同じくリードエンジニアを務めたKevin J Bray氏、シニアマネージャー兼主任ゲームデザイナーのCandace Thomas氏、Netflixアニメ「Arcane」に携わったアートディレクターCharles Lee氏が参加しているという。

 もう一方には、Electronic Artsのクリエイティブディレクターで、Zynga、Valveにも在籍したSteve Desilets氏と、King、Blizzard、NCSOFTなどに在籍したアートディレクターMatt Mocarski氏が参加。モバイル以外の分野でも活躍してきた人物が多く見られる。

 現在、上記の6名をコアメンバーとして、新チームに参加する人材の募集を続けているとのこと。

 Supercellは現状、2018年の『Brawl Stars』(ブロスタ)以降、ヒット作を生み出せていない。今年だけでもベータ版がリリースされていた2作の開発が打ち切られ、Space Ape とのIPコラボ作品『Boom Beach: Frontlines』もサービス終了が決定した。

【関連記事】
Supercell、新作『クラッシュ・クエスト』の開発を打ち切り 2021年4月に北欧でβリリースするも目標の水準に達せず
Supercell、村づくりシム『Everdale』の開発を打ち切り ベータ版を1年間運用するも目標の水準に達さなかったため
SupercellのIPを活用したSpace Ape Gamesの9vs9アクション『Boom Beach: Frontlines』サービス終了

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

2周年記念施策により『ブルーアーカイブ』がAppStoreのセールスランキング1位を初めて達成

1月24日のメンテナンス後から、2周年を記念した施策を展開。最高レアリティのキャラクターが確定で入手できるパッケージなどを販売している。

『Among Us VR』が発売から10週間で累計販売本数100万本を突破 統計データも公開

世界122カ国のユーザーが『Among Us VR』をプレイ。試合は累計400万回以上行われ、1日平均44,000試合が開催されている。

Stay Connected

TOP STORIES