2022年11月、世界モバイルゲームのダウンロードチャート カタールW杯の効果で『FIFA Mobile』が前年同期比98%増

 米国の調査会社Sensor Towerは同社のブログにおいて、2022年11月の世界モバイルゲーム市場におけるダウンロードランキングを公開した。1位はSYBO Gamesの『Subway Surfers』、2位はDINO Globalの『Shotgun Sounds』、3位はGarenaの『Garena Free Fire』となった。

 期間中、SYBO Gamesの『Subway Surfers』は1770万DLを記録し、地域別のシェアではインドが18.3%、次いでブラジルが8.7%を占めた。

 初登場したDINO Globalの『Shotgun Sounds: Gun Simulator』で1720万DLで2位となり、インドから37%、インドネシアから7.4%のユーザーを集めた。

 『Shotgun Sounds』は銃のシミュレータアプリ。タップ操作やスワイプ操作により、さまざまな銃の発砲音やリロードなどをサウンドとアニメーションで観ることができる。

 そのほか、Garenaの『Free Fire』、EAの『FIFA Mobile』、Robloxの『Roblox』が続いた。

 カタールで開催された「2022 FIFAワールドカップ」の影響で、EAの『FIFA Mobile』は前年同期比98%増の1470万DLを記録し、4位に急浮上している。ダウンロード数が最も多かった地域はブラジルで12.8%、2位はインドネシアで11.9%となっている。

 2022年11月、世界のApp StoreおよびGoogle Playにおける全体のダウンロード数は43.7億となり、前年同月とほぼ同水準となった。インド市場は8億DLで最も数が多く、世界全体の18.4%を占めた。2位はブラジル市場で8.4%、3位は米国市場で8.3%を占めた。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

2周年記念施策により『ブルーアーカイブ』がAppStoreのセールスランキング1位を初めて達成

1月24日のメンテナンス後から、2周年を記念した施策を展開。最高レアリティのキャラクターが確定で入手できるパッケージなどを販売している。

『Among Us VR』が発売から10週間で累計販売本数100万本を突破 統計データも公開

世界122カ国のユーザーが『Among Us VR』をプレイ。試合は累計400万回以上行われ、1日平均44,000試合が開催されている。

Stay Connected

TOP STORIES