韓国カカオゲームズの放置系RPG『エバーソウル』、リリース後1ヶ月で1,300万ドルの売上を達成 米国でも人気を獲得

 カカオゲームズの放置系RPG『Eversoul』(エバーソウル)が、2023年1月5日のグローバルリリースから1ヶ月で累積売上約1,300万ドル(17億5,400万円※)を突破したことが明らかになった。米市場調査会社Sensor Towerのデータに基づいて、韓国メディア「THIS IS GAME」などが報じた。

※執筆時点の最新取引レートで計算

 『エバーソウル』は韓国・ナインアークが開発し、カカオゲームズがパブリッシングする、アニメ調の3Dグラフィックスが特徴的な放置系RPG。ファンタジー世界を舞台に、「精霊」のキャラクターを収集し、育成する。

 

 現在グローバルでサービスを開始しているものの、日本など個別にパブリッシングされる一部地域についてはまだ詳細なリリース日程が未定。

 Sensor Towerによると、『エバーソウル』はリリース初日で韓国のGoogle Playストア、App Storeを統合したダウンロードランキングで1位を獲得。さらに、台湾のダウンロードランキング3位、タイのモバイルゲームダウンロードランキング10位にランクインし、アジア市場で好スタートを切った。

 そして、2023年1月5日から2月4日までの1ヶ月間、全世界で約1,300万ドルの売上を達成。韓国モバイルゲーム市場のセールスランキングでは11位にランクインした。

 

 同期間、全世界で韓国パブリッシャーがサービスしているモバイルゲームの中では『七つの大罪 ~光と闇の交戦(グランドクロス)』に次ぐ6位のセールスを記録している。

▲1位から順に『リネージュM』、『リネージュW』、『オーディン:ヴァルハラライジング』、『リネージュ2M』、『七つの大罪 ~光と闇の交戦(グランドクロス)』が続き、『エバーソウル』が6位に。なお、カカオゲームズは『オーディン:ヴァルハラライジング』のパブリッシングも行う。

 売上の地域別割合を見ると、韓国が56.8%で最も高く、そして米国が17.6%でその後に続いた。モバイルゲームの売上において、RPGジャンルの占める割合が比較的大きくない米国市場でセールスを伸ばしていることがわかる。

 

 参考までに、2022年基準でRPGジャンルは韓国のモバイルゲーム売上の60.3%、日本のモバイルゲーム売上の46.7%を占め、両国で最も大きな割合を占めるジャンルとなっている。一方、中国市場は26.8%で2番目に大きな割合を、そして米国では12%で4番目にメジャーなジャンルとなっている。

 『エバーソウル』はリリースにあたって、OST(オリジナルサウンドトラック)やウェブトゥーン(韓国発のデジタルコミック)を制作。 ゲーム内の恋愛システムとあわせて、マンガやアニメ、美少女ゲームなどが好きな層にアプローチを行った。 

 また、ゲーム内の要素として、領地に侵入するモンスターを制圧することを目的としたデコレーション/リフォームなどの建築システムを導入。Sensor Towerはこうした要素が米国のユーザーに馴染みあるものとして受け入れられたと分析している。

 日本においては『勝利の女神:NIKKE』や『メメントモリ』など、放置系タイトルが現在の市場トレンドにもなっている状況。『エバーソウル』の具体的な国内リリース日程は不明だが、今後国内に上陸した際には、更なる成長を遂げる可能性がありそうだ。

【関連記事】
ポスト・メディアミックス時代で躍進する中国、カギは放置ゲームと安心感

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

急成長のNextNinjaが全職種積極採用! 代表・山岸氏が本気で求める人材像とは

[AD]飛躍の時を迎えつつあるNextNinjaは今、全力で新たなチャレンジャーを探している。「全職種積極採用」を掲げる組織戦略と、求める人材像とはいかなるものなのか。代表の山岸氏に直接話を聞いた。

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES