『龍が如く』に『スパロボ』…もはや別のゲームと化す加賀美ハヤトの『あつまれ どうぶつの森』

 バーチャルライバー(VTuber)グループ・にじさんじに所属する加賀美ハヤトさんは、自身の公式YouTubeチャンネルにて、「【あつまれ どうぶつの森】パーフェクトリフォーマー加賀美【にじさんじ/加賀美ハヤト】」を投稿しました。

 配信内でプレイする『あつまれ どうぶつの森(略称はあつ森)』といえば、お気に入りの家具で家を飾り付けたり、どうぶつたちとのんびりすごしたり、自由気ままなスローライフが楽しめるゲーム。

 そんな『あつ森』プレイヤーのひとりである加賀美さんはこれまでにも、汚れ具合をリアルに再現した妙にゲームセンターを作ったり、海岸から攻めてくる何かと戦うために島を要塞化したりと、独特なセンスでなぜか何かと殺伐としがちな『あつ森』を楽しんでしました。

 同作では先日、大型アップデートが入り、さまざまなコンテンツの大幅なボリュームアップに加え、住民の別荘をデザインするDLC「ハッピーホームパラダイス」が登場。この絶好の機会を逃す彼ではありません。

 独自のコンセプトを考えながらリフォームを行う加賀美さん。彼の手にかかれば、住民になぜか勝手な設定が追加されるのはもちろん、「お金持ち気分を味わいたい」と依頼されれば、『龍が如く』に登場しそうな事務所をリアルに作ったり、グリッド線を作成して『スパロボ』的な庭を作ったりと、その独特なセンスが爆発しています。

 『あつ森』を配信する配信者は数あれど、加賀美さんの感性をマネできる人はおそらくいないでしょう。唯一無二の『あつ森』配信が楽しめるので、もし気になった方はぜひ配信を視聴してみてください。

 

【Let’s player】

加賀美ハヤト(YouTubeチャンネル
バーチャルライバー(VTuber)グループに所属し、玩具会社・加賀美インダストリアルの社長として配信活動を行う。普段の大人な雰囲気と反して、ゲームをプレイすると全力かつ無邪気な男児に様変わりする様子や、歌を歌えばプロ顔負けの歌唱力を披露するなど、さまざまなギャップが視聴者を引き付け、「社長」の愛称で親しまれている。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
寺村 一也(Kazuya Teramura)
ライター。ゲームに関連した書籍・WEBメディアで記事を執筆する傍ら、ゲーム実況・VTuber文化にも精通。幼少期からゲームを遊ぶ時間に制限があったものの、説明書や攻略本など関連書籍を読み漁りゲームの魅力に触れていく。その経験からプレイ以外の「観て楽しむ」という実況文化を学ぶようになる。

PickUP!

Related Articles

異例の早さでチャンネル登録者100万人突破。キレ芸で視聴者を魅了する「SAWAYAN GAMES / サワヤン ゲームズ」解説

ハイスペック兄弟による、ハイテンションゲーム実況。コラボ企画に神回満載、視聴者を引き付ける距離感の上手さなど、その魅力を解説。

Stay Connected

TOP STORIES