“キムタクが如く”でお馴染み『JUDGE EYES』を牛沢がプレイ。神室町案内と私立探偵への鋭いツッコミが光る

 YouTubeを中心にゲーム実況者として活躍する牛沢さんが自身のチャンネルにて『JUDGE EYES:死神の遺言 Remastered』(以下 JUDGE EYES)のゲーム実況動画「頼むからもうキムさん黙らせといてくれ【JUDGE EYES】#60」を投稿した。

 『JUDGE EYES』は、セガゲームスより2018年に発売された、木村拓哉さんが演じる主人公の探偵・八神隆之が活躍するアクションゲーム。プレイヤーは「龍が如く」シリーズでおなじみの神室町で起きた猟奇殺人事件の真実を求め、街を奔走していくことになる。

 木村拓哉さん(キムタク)が「龍が如く」シリーズに出演することから、ファンの間で“キムタクが如く”という愛称で親しまれている作品だ。

 

 牛沢さんといえば歯に衣を着せぬ物言いとキレのあるツッコミが特徴だが、今回の実況でもその毒舌ぶりは健在。探偵ものらしい複雑な仕掛けに頭を捻らせ、度々挟まるコメディ部分に素直に笑って見せるなどリアクションも豊かで、まるで隣でプレイを見ているような臨場感のある実況をしてくれている。

 過去に多くの「龍が如く」シリーズの実況を手掛けてきた牛沢さんなだけに、フィールドを探索する際の神室町案内を聞くのも、観光気分で楽しい。

 また、「龍が如く」シリーズといえば、メインストーリーだけでなく、バラエティー豊かなサブストーリーも魅力。牛沢さんは本編に関係がないからと言って飛ばさず、サブストーリーについてもしっかりとプレイをしてくれているため、作品の魅力が余すところなく味わえるようになっている。

 『JUDGE EYES』の実況は、長編ストーリーを扱っているということもあり、現在60回目の投稿にのぼっている(第1回目はこちら)。プレイの最中にはストーリーについての簡単な振り返りを行ってくれるなど、痒いところに手が届く実況をしてくれているのも嬉しいポイントだ。

 『JUDGE EYES』の実況を見て『龍が如く』シリーズに興味を持った方は、牛沢さんによる過去シリーズの実況動画もぜひチェックしてみてほしい。

 

【Let’s player】

牛沢(YouTubeチャンネル
ニコニコ動画での活動を経て現在YouTubeを中心に活動しているゲーム実況者。龍が如くシリーズなどのアンダーグラウンドなゲームと相性がいい。低くて渋い声質と表現豊かなツッコミを得意とする実況者。優位に立つと強気の姿勢を見せるが、立場が逆転すると正反対のビビり方をするギャップが持ち味。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
四方香(Kaoru Yomo)
四方香(Kaoru Yomo)
TRPGとマーダーミステリーに興味津々な実況動画大好きライター。重厚長大なストーリーを追い求め、オープンワールドゲームの滞在時間は1000時間を超えました。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES