まさに口から音MAD。ジャック・アトラスのモノマネをしながら『遊戯王マスターデュエル』をプレイする社築の音圧がすごい

 バーチャルYouTuber(バーチャルライバー)の社築(やしろきずく)さんは、YouTubeチャンネルにおいて「【遊戯王マスターデュエル】天地鳴動の力を見るがいい!!【にじさんじ/社築】」を配信した。

 本配信でプレイするのは、長い歴史を持つカードゲーム『遊☆戯☆王OCG』を本格デジタル化した、今話題の『遊戯王マスターデュエル』。プレイヤーの社さんは、長年の遊戯王ファンということもあり、実況することを多くのファンも期待していた……が、実際に行われたのは常軌を逸した配信であった。

 社さんは、アニメ『遊☆戯☆王5D’s』に登場するキャラクター、キングことジャック・アトラスのモノマネをしながら対戦を実施。アニメの通り使用するカードを説明しながらプレイしていくのだが、ずっと叫んでいるため音圧が凄いうえに、作中では絶対に言わないであろう「攻撃通りますか!?」「手札に加えてもいいですか!?」と丁寧に対戦プレイヤーに確認するジャックは、シュールすぎて面白い。

 召喚の口上に時間を取られすぎてターンの持ち時間がギリギリになったり、ときどき『遊☆戯☆王』の闇マリクが漏れ出したりなど、シリーズネタのオンパレードで進んでいく。

 先日、社さんは新型コロナウイルスの陽性反応が出たことが発表され、療養明けで行われた配信のはずなのだが、とてもそうは思えない声量である。なお、配信後半にはさすがに疲れており、ヘロヘロのジャック(CV.社築)をみることができる。

 また、しっかりジャックが作中で使用していたカードのデッキを用いたり、「○○はカッコいいだろうが!」という理由でロマンあふれるカードを採用するなど、社さんの決闘者としてのセンスも感じられる配信となっている。

 ちなみに、この配信の続きとして、同じくアニメ『遊☆戯☆王5D’s』に登場するブルーノ/アンチノミーのモノマネで配信を行う「【遊戯王マスターデュエル】アクセルシンクロォォォォーーーッ!!!【にじさんじ/社築】」もあるので、あわせてチェックしてみてほしい。

 

【Let’s player】

社築(やしろきずく)(YouTubeチャンネル
リズムゲームやレトロゲームをこよなく愛する、バーチャルYouTuber(バーチャルライバー)。アニメやゲームといったサブカルチャーに精通した、いわゆる信用できるオタクであり、「やしきず」の愛称で親しまれている。トークの腕やリアクションなどはピカイチなのはもちろん、コンテンツを大切に取り扱う姿勢がファンを虜にしており、自身の冠番組である『ヤシロ&ササキのレバガチャダイパン』をはじめとした、多数の番組にも出演している。

【こちらの記事もオススメ】
【社築】類まれな実況センスと、全国トップクラスのゲームスキルでファンを魅了。信頼できるオタクの星「社築(やしろきずく)」解説

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
寺村 一也(Kazuya Teramura)
寺村 一也(Kazuya Teramura)
ライター。ゲームに関連した書籍・WEBメディアで記事を執筆する傍ら、ゲーム実況・VTuber文化にも精通。幼少期からゲームを遊ぶ時間に制限があったものの、説明書や攻略本など関連書籍を読み漁りゲームの魅力に触れていく。その経験からプレイ以外の「観て楽しむ」という実況文化を学ぶようになる。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES