『Keep Talking and Nobody Explodes』にKIKKUN-MK-Ⅱとあろまほっとが挑む。MSSP暴走コンビによるドタバタ爆弾解体劇

 YouTubeでのゲーム実況や音楽を中心に活動するグループ「M.S.S Project」(以下 MSSP)が、「【大炎上】爆弾解体ミッションで意思疎通できなさ過ぎて泣いた【Keep Talking and Nobody Explodes】」を投稿した。

 『Keep Talking and Nobody Explodes』は、爆弾の解体を行う「実行役」と解除マニュアルを用いる「指示役」に分かれて爆弾を解除するシミュレーターゲーム。マニュアルを持たない実行役は爆弾の解体方法が分からず、指示役はゲーム画面を見ることができない。そのため、ゲームをクリアするためには、それぞれが得た情報の交換が重要なポイントとなっている。

 そんな本作に挑戦するのは、KIKKUN-MK-Ⅱさんとあろまほっとさんの2人だ。MSSPメンバー4人でいるときには比較的やりたい放題に暴走しがちな2人だが、本作では爆弾の解体作業に専念していく姿を見せる。

 序盤は情報が上手く伝えられず時間切れになったり、ボタンを離す・離さないといった細かなニュアンスによるやり取りがかみ合わず失敗が続いていたが、プレイを繰り返すごとにコツを掴んでいく2人。

 奮闘の末、実行役のKIKKUN-MK-Ⅱさんが爆弾の解除に成功。2人が健闘をたたえ合うシーンが見られると思いきや、マニュアルを熟読していたあろまほっとさんは成功に気づかず。クリア後の喜びが共有できないというシュールなハプニングが笑いを誘っていた。

 本動画の続編となるこの中に1本だけ正解があります【Keep Talking and Nobody Explodes】も既に投稿されている。新たにギミックが追加された爆弾に対して、2人がどのように立ち向かっていくのか注目してほしい。

 

【Let’s Player】

M.S.S Project(YouTubeチャンネル
ゲーム実況を中心にVOCALOIDを含む楽曲製作や料理動画等、多方面で活躍している4人組の配信者集団。チームワーク無さに定評がありゲームの説明中にも自分の興味優先で自由行動を取るが、ピンチになると見事なチームワークと奇跡を起こしファンを魅了していく。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
四方香(Kaoru Yomo)
四方香(Kaoru Yomo)
TRPGとマーダーミステリーに興味津々な実況動画大好きライター。重厚長大なストーリーを追い求め、オープンワールドゲームの滞在時間は1000時間を超えました。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES