“訛り実況”でお馴染みのキリンさんが『還願 DEVOTION』をプレイ 時間と空間が錯綜するストーリーを丁寧に紐解く

 東北なまりを特徴とした”訛り実況”でYouTubeやTwitchで活動しているキリンさんが、自身のチャンネルにて「【訛り実況】還願 Devotion #1」を投稿した。

 『還願 DEVOTION』は1980年代の台湾が舞台のホラーアドベンチャー。脚本家の主人公が、時間と空間が錯綜する不思議な家屋を探索し、自身の家族について思い出していくというストーリーとなっている。

 主人公が探索する家屋は始めこそ日用品など家主の生活ぶりが伺えるような小物が配置されていたが、先に進むにつれ血文字がびっしり書かれた通路や無機質な部屋を発見するなど、恐怖演出が差し込まれる。

 ステージが時間と空間が錯綜するという設定になっているため話が難解になりがちだが、キリンさんは移り変わる年代について説明してくれたり、取得したアーカイブを音読してくれたりと丁寧に見せてくれるため、視聴者が没入感たっぷりにストーリーを楽しめるよう配慮がされている。

 ゲーム攻略のテンポも非常によく、びっくり要素のある場面では事前に知らせてくれている。視聴者に余計な恐怖感を煽らないことも、ホラーが苦手な方にとって嬉しいポイントだろう。

 最近はYouTubeやTwitchでの生放送等が基本の投稿スタイルになっていたキリンさん。今回はニコニコ動画の方にも投稿されており、定期投稿という昔のスタイルにファンは大いに盛り上がっていた。

 

【Let’s Player】

キリン(YouTubeチャンネル
ニコニコ動画を経て現在はYouTubeやTwitchにて生配信などを行っている。”訛り実況”という東北訛りでの落ち着いた口調と低音ボイスの実況が特徴。ホラーゲームを中心に配信しており、非常に堅実で安定したプレイと独特の世界観を持つ雑談を挟みながら無駄なくサクサク進むプレイスタイル。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
四方香(Kaoru Yomo)
四方香(Kaoru Yomo)
TRPGとマーダーミステリーに興味津々な実況動画大好きライター。重厚長大なストーリーを追い求め、オープンワールドゲームの滞在時間は1000時間を超えました。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES