ガッチマンが『Vampire Survivors』の魅力をキヨ・レトルト・牛沢に布教 画面一杯の敵に囲まれる圧巻の光景とやりこみ要素を大絶賛

 ゲーム実況者として活躍するガッチマンさんが、自身のチャンネルにて「【4人】ゲームってこういうのでいいんだよ」を投稿した。ゲストとして、同じくゲーム実況者であるキヨさん、レトルトさん、牛沢さんが出演している。

 今回ガッチマンさんが行うゲームは『Vampire Survivors』というローグライクゲーム。敵からの猛攻に30分耐え続けるというシンプルなルールながら、ステータス強化のアイテムを3択で入手していくランダム性や、キャラクターと武器との相性など、運要素と戦略性が魅力的な作品だ。

 本作は1人プレイ用のゲームなため、ガッチマンさんがプレイしている姿を3人が見守る形に。ガッチマンさんがゲームの基礎的な部分を説明をしながら、本作の予習をしていたキヨさんが補足するスタイルで進行していく。

 ガッチマンさんは「気が付いたら2時間もやってしまう」と言うくらいに本作をやりこんでおり、追加キャラクターやステージなどは、ほとんどアンロック済み。今回の実況では、3人に本作を紹介するため、最初のステージを新規のデータからスタートすることになった。

 敵を近づけさせないバリアアイテムや、敵に火炎ダメージを与えるアイテムを取得し、敵を蹴散らして切り抜けていくガッチマンさんのプレイに盛り上がりを見せる3人。

 順調にレベルアップを重ねるも、時間経過と共に強力な敵が出現して逃げ場が無くなったり、画面いっぱいになるほどの大量の敵が出現したりと、絶望的な状況に追い込まれていく。あまりのプレイヤー不利の状況に「こいつが何をしたっていうんだよ!」と3人が嘆くシーンもあった。

 1戦目はガッチマンさんの奮闘虚しくゲームオーバーになってしまったが、本作にはキャラクターを恒常的に強化できる要素もある。キャラクターを強化したリベンジ戦では、初見では苦労した敵をサクサク倒せるようになり、強烈な爽快感を与えてくれるのだ。

 やりこめばやりこむほど武器の威力が上がっていく様子を見ているうちに「やりたくなってきた」「自分の戦略立てたい」とそわそわするレトルトさんと牛沢さん。「こういうゲームが今の時代に流行るのはすごく良い」と大絶賛していた。

 集中力がやや必要なゲームなため無言になりやすい本作だが、3人がトークを続けているので終始盛り上がった動画になっている。ついつい止め時を失ってしまう本作の魅力を、ぜひ体験してみてほしい。

 

【Let’s Player】

ガッチマン(YouTubeチャンネル
ホラーゲームを中心としたプレイを行うゲーム実況者。大抵のことでは驚かない胆力を持っており、プレイ中は軽快なトークを交え視聴者を飽きさせない。キヨさん、レトルトさん、牛沢さんと共に「TOP4」と呼ばれるグループでもコラボ動画を上げており、始終行われるおふざけの応酬は視聴者の心をつかんで離さない。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
四方香(Kaoru Yomo)
四方香(Kaoru Yomo)
TRPGとマーダーミステリーに興味津々な実況動画大好きライター。重厚長大なストーリーを追い求め、オープンワールドゲームの滞在時間は1000時間を超えました。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES