“訛り実況”のキリンさんが『両手いっぱいに芋の花を』を実況プレイ まったりとした作風がキリンさんの実況スタイルとマッチ

 東北なまりを特徴とした”訛り実況”でYouTubeやTwitchで活動しているキリンさんが、自身のチャンネルにて「【訛り実況】両手いっぱいに芋の花を 実況プレイ動画【PLAYISM】」を投稿した。

 『両手いっぱいに芋の花を』は2022年3月10日よりNintendo SwitchとSteamにて配信された3DダンジョンRPG。プレイヤーは調査隊のメンバーとして土壌汚染による食糧難を解決すべく、特殊な種を求めてダンジョンを攻略していく。

 戦闘はシンボルエンカウントになっており、敵に気づかれる前に背後から近づくことで先手を取り、有利な状況からバトルをスタートさせることができる。ダンジョン内には所々にショートカットができるギミックがあり、敵の背後を取りやすくなる仕掛けが多く用意されている。

 戦闘中は、敵の行動とそのターゲットがターンごとに事前に表示されるため、敵の裏を取った行動を取ることも可能だ。丸みを帯びたキュートなデザインに反して、戦闘はどの敵から優先的に攻撃すべきか、防御をすべきかなど考える要素が多い。

 ダンジョンゲームが好きというキリンさんは、「ワクワクして何時間でも潜っていられる」とすっかり期待が高まっている様子。ダンジョンでのスタミナ管理の難しさやマップの仕掛けなど、システムをしっかり説明しながら進めてくれるため、視聴者にも理解しやすい動画となっている。

 「グラフィックは可愛く、ゲームは骨太ダンジョンRPG。良いですな。」とご満悦の様子のキリンさん。じっくり腰を据えて遊べるゲーム性と、キリンさんのゆったりとした実況スタイルは相性抜群だったようだ。

 適度な編集も加わり視聴しやすく、キリンさん入門にもぴったりな内容となっている。ぜひ動画をチェックし、雰囲気が気に入った方は本作にも手を伸ばしてみてほしい。

 

【Let’s Player】

キリン(YouTubeチャンネル
ニコニコ動画を経て現在はYouTubeやTwitchにて生配信などを行っている。”訛り実況”という東北訛りでの落ち着いた口調と低音ボイスの実況が特徴。ホラーゲームを中心に配信しており、非常に堅実で安定したプレイと独特の世界観を持つ雑談を挟みながら無駄なくサクサク進むプレイスタイル。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
四方香(Kaoru Yomo)
四方香(Kaoru Yomo)
TRPGとマーダーミステリーに興味津々な実況動画大好きライター。重厚長大なストーリーを追い求め、オープンワールドゲームの滞在時間は1000時間を超えました。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES