架空都市の世論を動かす短編ADV『HEADLINER』を牛沢が実況 利益第一の“牛沢編集長”が敏腕ぶりを発揮

 YouTubeを中心にゲーム実況者として活躍する牛沢さんが自身のチャンネルにて「報道機関の責任者になって世論を誘導するゲーム【HEADLINER】」を投稿した。

 『HEADLINER』は、住人の大半が遺伝子組み換え処置を行っている架空の都市「ギャリクシア」で報道によって世論を動かしていく短編アドベンチャーゲーム。プレイヤーは報道機関の責任者として、日々運ばれてくる記事に対し採用・不採用を決定していく。

 プレイヤーが採用する記事によって、ギャリクシア市民の思想が変化。移民の扱いが変わったり、遺伝子組み換えを行っていない「純身主義者」に対する世間の目を誘導することができる。正義を貫いた真摯な新聞社になることも、利益のみを追及した過激な報道社になるのもプレイヤー次第となっているのだ。

 牛沢さんはフィクションという事を念頭においたうえで、利益を優先した”腐ったメディア”を目標にプレイを進めていく。正義を貫いた良い記事を見つけると、さんざん褒めちぎった後に「こんな素晴らしい記事は、うちで載せられないね」と、会社の方針をブレさせない敏腕ぶりを発揮させる。

 ゲーム序盤こそギャグテイストで進めていた牛沢さんだったが、後半になるにつれ本作の重厚なストーリーにのめり込んで行ってしまった模様。

 家族との会話や民衆の動きから心を揺さぶられ、会社の利益と自分の良心とを天秤にかける様子は、人の良い牛沢さんならではの面白さだろう。動画は完結済みであり、全4回と気軽に視聴できる長さとなっている。牛沢編集長の仕事ぶりを見学したい方は、ぜひ動画を見てみてほしい。

 

【Let’s Player】

牛沢(YouTubeチャンネル
ニコニコ動画での活動を経て現在YouTubeを中心に活動しているゲーム実況者。低くて渋い声質と表現豊かなツッコミを得意とする実況者。優位に立つと強気の姿勢を見せるが、立場が逆転すると正反対のビビり方をするギャップが持ち味。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
四方香(Kaoru Yomo)
四方香(Kaoru Yomo)
TRPGとマーダーミステリーに興味津々な実況動画大好きライター。重厚長大なストーリーを追い求め、オープンワールドゲームの滞在時間は1000時間を超えました。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES