超難易度として有名な『遊☆戯☆王 真デュエルモンスターズ ~封印されし記憶~』に、カードゲーム好きVTuber・加賀美ハヤトが挑む

 バーチャルライバー(VTuber)グループ・にじさんじに所属する加賀美ハヤトさんは、自身の公式YouTubeチャンネルにて、「【遊戯王 真デュエルモンスターズ 封印されし記憶】シリーズ最凶の超難度”遊戯王”、開幕【にじさんじ/加賀美ハヤト】」を配信しました。

 本配信でプレイするのは、大人気カードゲームアニメ「遊☆戯☆王デュエルモンスターズ」を元にしたタイトル。とはいえ、「相手によって優劣のある守護星を選んで召喚」したり、「魔法とモンスターを掛け合わせて融合できる」など、現在公式で使用されているマスタールールと比べると、少々異なるものになっている。

 さらに、なんといっても本作を特徴的なものにしているのが「攻略難易度の高さ」。プレイヤーの初期デッキのカードは、ランダムで決まるのだが、下手をすると進行不能になってしまうほど相手のカードが強いため、厳選などが必要になる。そうして強いカードが集められたとしても、容赦ないスタッツの暴力によって蹂躙されてしまうことも。

 また、難しいというだけでなく、全モンスターに3Dポリゴンが用意されているこだわりや、カードを全く売買してくれないカード屋など、特徴的な要素が多数存在する本作は、一部のゲーマーからカルト的な人気を博している。

 そんな本作に挑戦するのは、バーチャルライバーの加賀美ハヤトさん。自身のグループ内において、自由に使用できる『遊戯王マスターデュエル』のDiscordサーバーを作るほどの遊戯王好き。使用するデッキも「オシリス虫野郎」をはじめとした、愛を感じるものばかりだ。

 そんな彼の愛ははたして『封印されし記憶』でも通用するのか。強力なモンスターの容赦ない攻撃と戦う(その前にリセマラとも戦う)、みどころ満載の配信となっている。該当動画では、まだ決闘者・加賀美の挑戦は始まったばかりなので、気になった人は是非視聴してみてほしい。

 

【Let’s player】

加賀美ハヤト(YouTubeチャンネル
バーチャルライバー(VTuber)グループに所属し、玩具会社・加賀美インダストリアルの社長として配信活動を行う。普段の大人な雰囲気と反して、ゲームをプレイすると全力かつ無邪気な男児に様変わりする様子や、歌を歌えばプロ顔負けの歌唱力を披露するなど、さまざまなギャップが視聴者を引き付け、「社長」の愛称で親しまれている。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
寺村 一也(Kazuya Teramura)
寺村 一也(Kazuya Teramura)
ライター。ゲームに関連した書籍・WEBメディアで記事を執筆する傍ら、ゲーム実況・VTuber文化にも精通。幼少期からゲームを遊ぶ時間に制限があったものの、説明書や攻略本など関連書籍を読み漁りゲームの魅力に触れていく。その経験からプレイ以外の「観て楽しむ」という実況文化を学ぶようになる。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES