『パワプロ2022』を使って同じグループの仲間を選手に スポーツ大好きライバー・舞元啓介が挑むサクサクセスに注目

 バーチャルライバー(バーチャルYouTuber)グループ・にじさんじに所属する舞元啓介さんは、自身のYouTubeチャンネルにおいて、「【eBASEBALLパワフルプロ野球2022】帰ってきた!パワプロサクサクセスでライバー作成!#1【にじさんじ/舞元啓介】」を配信した。

 本格派野球ゲーム『実況パワフルプロ野球』シリーズ。その最新作である『eBASEBALLパワフルプロ野球2022』は、自分だけのプロ野球選手生活を送れる「マイライフ」や高校球児たちを育て上げて甲子園優勝を目指す「栄冠ナイン」といったコンテンツはもちろん、様々な部分がパワーアップした作品だ。

 実際のプロ野球シリーズで活躍している選手たちが登場するうえ、ゲームとしてのクオリティも非常に完成されている。そのため、リアル野球ファンとゲーマー、どちらも楽しめるようになっているのが本作の特徴である。

 そんな本作をプレイする舞元さんは、野球・サッカーをはじめ、多種多様なスポーツに精通した大のスポーツ好きライバー。球団やJリーグコラボなどでも、率先して情報を発信したり、試合の同時視聴配信など、スポーツを盛り上げようと努力している。また、『パワプロ』シリーズを使用した企画「にじさんじ甲子園2021」の主催を担当するなど、タイトルにかなり携わっている人物だ。

 舞元さんは、本作の発売に合わせて、同じにじさんじに所属するライバーを「サクサクセス」というモードで選手として作成する企画を配信。作り終えたら、異なるモードに出演させ、選手として活躍するライバーたちと共に野球を楽しむという、大人数が所属するグループならではの企画だ。前作でも同じ企画を実施していたが、本作では改めて1から作成している。

 「サクサクセス」というモードはひとりの選手を作成する時間が短い分、運要素が強いモード。なかなかうまくいかず、お邪魔キャラに吹き飛ばされ、選手のステータス強化に失敗し、苦汁を飲まされる舞元さんを見ることができる。また、ライバーに合った球団やポジションを見いだせるのも、彼ならではの配信技術だろう。

 作成予定のライバーの人数が非常に多いため、アーカイブはかなり多いが、その時々で出すリアクションと、持ち前の野球およびパワプロ知識、ラジオ配信などで培われたトークスキルによって、全く飽きることなく見られるのが、彼の凄いところだ。

 本作からパーツ等が追加されたキャラメイク要素も存分に生かした、ライバーたちの再現度も必見。気になった人は、是非配信を視聴してみてほしい。

 

【Let’s player】

舞元啓介(YouTubeチャンネル
バーチャルYouTuberグループ・にじさんじに所属するバーチャルライバー。34歳というグループの中では年長であり、スポーツをこよなく愛する人物で、ゲーム実況のほかスポーツ実況も行っている。ボケやツッコミ、いじられ役など、どんな場所でも自分の芸を発揮できる人物でもある。相棒のジョー・力一さんと共にラジオ「舞元力一」を実施しており、そこで培われたトーク力を生かしてMCとしても活躍している。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
寺村 一也(Kazuya Teramura)
寺村 一也(Kazuya Teramura)
ライター。ゲームに関連した書籍・WEBメディアで記事を執筆する傍ら、ゲーム実況・VTuber文化にも精通。幼少期からゲームを遊ぶ時間に制限があったものの、説明書や攻略本など関連書籍を読み漁りゲームの魅力に触れていく。その経験からプレイ以外の「観て楽しむ」という実況文化を学ぶようになる。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES