VTuber・舞元啓介が挑戦する『太閤立志伝Ⅴ DX』が面白い まさに大河ドラマのような展開が武将・舞元に襲い来る

 バーチャルライバー(バーチャルYouTuber)グループ・にじさんじに所属する舞元啓介さんは、自身のYouTubeチャンネルにおいて、「【太閤立志伝Ⅴ DX】大河ドラマ 「舞元立志伝」#1【にじさんじ/舞元啓介】」を配信した。

本文:

 バーチャルライバー(バーチャルYouTuber)グループ・にじさんじに所属する舞元啓介さんは、自身のYouTubeチャンネルにおいて、「【太閤立志伝Ⅴ DX】大河ドラマ 「舞元立志伝」#1【にじさんじ/舞元啓介】」を配信した。

 『太閤立志伝Ⅴ DX』は、戦国時代をテーマとしたシミュレーションゲーム。織田信長をはじめとした名だたる武将がしのぎを削る日本を舞台に、武将として天下人を目指すもよし、商人としてひたすら金銭を稼ぐのもよし、剣聖として戦いの道を究めるのもよしと、自由度の高い戦国ライフを楽しめるタイトルだ。

 本作は2022年5月19日にHDリマスター版として発売。それに合わせて、舞元啓介さんも天下統一を目指す企画「舞元立志伝」として実況プレイを開始した。今川義元の息子という設定でプレイしているのだが「織田家に人質としてなんとなく放置されている」「桶狭間の戦いでは獅子奮迅の働きをした(ことになっている)」など、ツッコミどころ満載の設定が盛られている。

 戦国の世をあの手この手を使い、出世を目指していくのだが、ドラマチックな出来事が続出。なんとなく織田家を出たために浪人、はては辻斬りと化したり、兄・今川氏真の元に身を寄せたと思ったらその兄が暴走したりなど、見ていて飽きない展開が繰り広げられる。「兄上ぇ!」という悲痛な叫びがこだまするのは、視聴者側からすると楽しいポイントだ。まさに大河ドラマのごとく、怒涛の状況が武将・舞元啓介を襲う。

 日本史好きであり、登場する武将に対してのリアクションなども楽しいところ。最新の展開では、武田家に身を寄せ、宿敵と化した兄・今川氏真を狙っているそうで、さらなる展開が予想される。本作の配信は切り抜き動画を有志で出せないため、サクッと見ることはできないが、時間が長い分楽しめる要素が多いことは確実だ。気になった人は今からでも、武将・舞元啓介が天下統一を目指すドラマをチェックしてみてほしい。

 

【Let’s player】

舞元啓介(YouTubeチャンネル
バーチャルYouTuberグループ・にじさんじに所属するバーチャルライバー。34歳というグループの中では年長であり、スポーツをこよなく愛する人物で、ゲーム実況のほかスポーツ実況も行っている。ボケやツッコミ、いじられ役など、どんな場所でも自分の芸を発揮できる人物でもある。相棒のジョー・力一さんと共にラジオ「舞元力一」を実施しており、そこで培われたトーク力を生かしてMCとしても活躍している。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
寺村 一也(Kazuya Teramura)
寺村 一也(Kazuya Teramura)
ライター。ゲームに関連した書籍・WEBメディアで記事を執筆する傍ら、ゲーム実況・VTuber文化にも精通。幼少期からゲームを遊ぶ時間に制限があったものの、説明書や攻略本など関連書籍を読み漁りゲームの魅力に触れていく。その経験からプレイ以外の「観て楽しむ」という実況文化を学ぶようになる。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES