新作ホラーゲーム『クアリー ~悪夢のサマーキャンプ~』をプレイするレオス・ヴィンセントが面白い テンポがよく快活な配信が魅力

 バーチャルライバー(バーチャルYouTuber)グループ・にじさんじに所属するレオス・ヴィンセントさんは、自身のYouTubeチャンネルにおいて、「【【# 1】『クアリー ~悪夢のサマーキャンプ~』【レオス・ヴィンセント】」を配信した。

 本配信でプレイされる『クアリー ~悪夢のサマーキャンプ~』は、『Until Dawn(アンティル ドーン) -惨劇の山荘-』の製作チームが手掛ける、新作ホラーゲーム。前作と同じように、すべての行動がストーリーに影響を与えるという、斬新なコンセプトで製作されている。

 秘密のドアを開けてみるのか、何かが見えた方向に進んでみるのか、脅威から逃げずに立ち向かうのか、プレイヤーの選択によってどのキャラクターたちが生き延びるのかも変化するという、スリリングな体験と展開が楽しめる一作となっている。

 映画を同時視聴しているかのような気分になれるので、配信で視聴するのにうってつけのタイトルとなっている。ただし、選択肢によって物語が幾重にも分岐していくので、他の配信者のプレイをみて異なる物語を見たり、自分でプレイして誰も知らないエンディングを体験するなど、様々な楽しみ方ができるのが特徴だ。

 本作をプレイするレオス・ヴィンセントさんは、独特の口調とノリが楽しいマッドサイエンティスト。一見イロモノ枠に見える人物ではあるが、ツッコミやボケのどちらもこなせるライバーで、快活で見ていて楽しい配信を作り出すのが上手い配信者のひとりである。

 本配信中も、的確なツッコミでテンポよく進んでいく。ホラー展開があるため、怖さで止まってしまう人もいそうなところではあるが、レオスさんはぐだってしまうタイミングも少ないうえ、どんどん進行していくので、非常に見やすい配信にまとまっている。

 映画を見るかの如くポップコーンを用意してじっくり見るもよし、レオスさんが的確に解説してくれるので、ながら見でチェックするのも良しの配信となっている。気になった人は、是非チェックしてみてほしい。

 

【Let’s player】

レオス・ヴィンセント(YouTubeチャンネル
にじさんじに所属する、マッドサイエンティスト。ハキハキしたクセになる喋り方で配信を作り上げるライバーで、ライトなタイトルから耐久系まで、幅広いジャンルのゲームをプレイする。ファンの距離感が近いうえ、努力家な面やファンを大事にする様子も見せる部分もあり、ファンから愛される要素が詰まっている人物である。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
寺村 一也(Kazuya Teramura)
寺村 一也(Kazuya Teramura)
ライター。ゲームに関連した書籍・WEBメディアで記事を執筆する傍ら、ゲーム実況・VTuber文化にも精通。幼少期からゲームを遊ぶ時間に制限があったものの、説明書や攻略本など関連書籍を読み漁りゲームの魅力に触れていく。その経験からプレイ以外の「観て楽しむ」という実況文化を学ぶようになる。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES