YouTuber・あまくだり氏が主催する『遊戯王マスターデュエル』のルームマッチ企画「クソカード医学会」が面白い

 YouTuberのあまくだりさんは、自身のYouTubeチャンネルにおいて「第二回クソカード医学会 【遊戯王マスターデュエル】」を配信した。

 20年を超える長い歴史を持つ、大人気カードゲーム『遊☆戯☆王オフィシャルカードゲーム(以下、遊戯王OCG)』。そのカードの種類は一万を超え、現在も多種多様で強力なものが生み出されている一方、使用する難易度が高かったり効果が微妙だったりと、あまり好んで使用されることのないカードがどうしても存在してしまう。

 遊戯王大好きYouTuberである、あまくだりさんのチャンネルでは、そんなカードたちを生かすために数多のカードプールの中から有効なものを組み合わせたデッキを作成し、どうにかして使用法を模索していく「クソカード診療所」が人気コンテンツとなっている。

 そのような、特定のカードを生かすコンセプトのデッキを持ち寄り、『遊戯王OCG』の本格デジタル版『遊戯王マスターデュエル』で対戦するのが、今回の記事で紹介する「クソカード医学会」だ。

 ルールとして、プレイヤー名にコンセプトとなるカードの名前を付け、どのカードを軸にしているかを明確にし、1~5の数字によっておおまかなデッキの強さを分けているため、一方的な対戦にあることを避けている。

 あまくだりさんも、過去の「クソカード診療所」で実際に構築した「寄生虫パラサイド」や「絶望神アンチホープ」などを軸にしたデッキで挑戦。現在の環境で遊んでいるだけでは名前を聞く機会も少ないマイナーカードや、過去の懐かしいカードが飛び出すハイコンセプトなデッキと、名勝負を繰り広げていく。

 カードの強化によってできることが大幅に増え、1ターンキルや圧倒的な盤面による制圧による勝利が流行となっている昨今の『遊戯王OCG』だが、この配信では特定のカードをどうにかして生かすことを目指し、勝利はもとより「楽しむ」ことを第一に行われている。

 見たことのないカードが飛び出すワクワクを感じられるだけでなく、お互いをリスペクトした対決は非常に見ごたえがあるため、気になった人は是非本配信や、あまくだりさんが投稿している対戦の切り抜きを視聴してみてほしい。

 

【Let’s player】

あまくだり(YouTubeチャンネル
『遊☆戯☆王オフィシャルカードゲーム』のコンテンツをメインで取り扱うYouTuber。「オベリスクの巨神兵」や「ラーの翼神竜」といったインパクトのあるコスプレをはじめ、パック開封や解説動画など、遊戯王愛に溢れた動画・配信をアップしている。また『アークナイツ』をはじめとした普通のゲーム配信も行うこともあるが、あふれ出る遊戯王愛を抑えられていないことが多い。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
寺村 一也(Kazuya Teramura)
寺村 一也(Kazuya Teramura)
ライター。ゲームに関連した書籍・WEBメディアで記事を執筆する傍ら、ゲーム実況・VTuber文化にも精通。幼少期からゲームを遊ぶ時間に制限があったものの、説明書や攻略本など関連書籍を読み漁りゲームの魅力に触れていく。その経験からプレイ以外の「観て楽しむ」という実況文化を学ぶようになる。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES