玩具工場を舞台にした『Poppy Playtime』、ホラーゲームなのに思わず笑顔になってしまう、仲良し3人組「SMC組」によるプレイ

 バーチャルライバー(バーチャルYouTuber)グループ・にじさんじに所属する葉加瀬冬雪は、自身のYouTubeチャンネルにて、「【poppy playtime】SMC組、おもちゃ工場へ【にじさんじ/葉加瀬冬雪 夜見れな 加賀美ハヤト】」を配信した。

 本チャンネルでプレイされる『Poppy Playtime』は、廃玩具工場を舞台にしたサバイバルホラーゲーム。おもちゃとホラーを合わせた独特な雰囲気と、登場モンスターのデザインなどが高く評価されている。チャプターごとにゲームが分けられているがゆえ、ほどよいプレイ時間で遊べる点も合わせ、YouTubeでは数々の実況動画・配信がアップされている作品だ。

 そんな本作をプレイしていくのは、バーチャルライバーの葉加瀬冬雪さん、夜見れなさん、加賀美ハヤトさんの3人。それぞれ、実験大好き系女子高生、アイドルマジシャン、玩具会社の社長という、一見すると属性がバラバラのトリオだが、実はデビューのタイミングが同じ同期、SMC組(すめしぐみ)なのである。

 わいわい楽しそうに一緒に遊んでいる様子と、お互いをリスペクトしつつも、まるで兄妹のような絶妙な仲の良さが人気を博しているユニットだ。

 配信内では、加賀美さんが社長を務める「加賀美インダストリアル」の工場見学と称し、玩具工場の中を探索していく。オフコラボのため、ゲームを操作するプレイヤーを変えつつ遊んでおり、登場するモンスターに驚きながら、一緒にクリアへの進み方を考えていくという、とても微笑ましい内容になっている

 前述したとおり、1時間程度で気軽に見られるうえ、ホラーゲームにも関わらず、思わず笑顔になってしまうような、それぞれの可愛らしい掛け合いが注目の配信だ。気になった人は、是非配信を視聴してほしい。

 

【Let’s player】

葉加瀬冬雪(YouTubeチャンネル
にじさんじに所属する、実験大好き系女子高生のバ-チャルライバー。ジャンルを問わず様々なゲームを実況しているがあまり得意ではないらしく、その様子は「ポンコツ」と称されることもしばしば。それでも「わかった!」と元気にプレイする様子に、リスナーは元気づけられている。また、「歌ってみた」では、透明感溢れる歌声を披露。普段のイメージとのギャップで、リスナーを釘付けにする。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
寺村 一也(Kazuya Teramura)
寺村 一也(Kazuya Teramura)
ライター。ゲームに関連した書籍・WEBメディアで記事を執筆する傍ら、ゲーム実況・VTuber文化にも精通。幼少期からゲームを遊ぶ時間に制限があったものの、説明書や攻略本など関連書籍を読み漁りゲームの魅力に触れていく。その経験からプレイ以外の「観て楽しむ」という実況文化を学ぶようになる。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES