社築とでびさまによる『パワプロ2022』栄冠ナインモード企画がスタート にじさんじ甲子園での監督経験者vs野球初心者悪魔の戦いに注目

 バーチャルライバー(バーチャルYouTuber)グループ・にじさんじに所属する社築(やしろきずく)さんは、自身のYouTubeチャンネルにて、「【パワプロ2022/栄冠ナイン #1】帰ってきた横須賀流星高校 悪魔祓い編【にじさんじ/社築】」を配信した。

 野球ゲームの金字塔『パワプロ』シリーズの最新作である『eBASEBALLパワフルプロ野球2022』。そんな本作で遊べるモードのひとつで、野球部の監督となり甲子園を目指すモード「栄冠ナイン」を使用した、でびでび・でびるさんと社築さんのふたりによる、対戦企画がスタートした。

 ゲーム内時間の3年間の間にチームを完成させ、それを用いて対戦するというルールで挑戦がスタート。プレイヤーふたりが所属するグループ・にじさんじでは毎年、栄冠ナインを使用した大会「にじさんじ甲子園」を開催しているが、今回の配信は前述の大会は関係なく、気軽に遊んでいく内容となっている。

 本配信で、でびるさんも同時にプレイしていく予定だったが、今回はソフトのダウンロードが間に合わなかったようで、これから各視点で進行していくようだ。今回のルールでチームを作成するには少なくとも数時間のプレイが必要になるので、ふたりの視点をじっくり楽しめることになるだろう。

 社さんは、同期である「元にじさんじSEEDs1期生」のメンバーをキャラクリエイトし、選手を作成。クリエイト時にはでびるさんも一緒に画面を見ていたのだが、選手に野球漫画のような設定を付ける話が盛り上がり、むしろこちらが本番だったのではないかと言えるほど発展していた。

 育成が始まった後も、県大会1回戦からギリギリの試合を繰り広げるなど、常に盛り上がりがある、見どころ満載の配信になっている。気になった人は本配信をチェックしつつ、これからの育成も是非見てみてほしい。

 

【Let’s player】

社築(やしろきずく)(YouTubeチャンネル
リズムゲームやレトロゲームをこよなく愛する、バーチャルYouTuber(バーチャルライバー)。アニメやゲームといったサブカルチャーに精通した、いわゆる信用できるオタクであり、「やしきず」の愛称で親しまれている。トークの腕やリアクションなどはピカイチなのはもちろん、コンテンツを大切に取り扱う姿勢がファンを虜にしており、自身の冠番組である『ヤシロ&ササキのレバガチャダイパン』をはじめとした、多数の番組にも出演している。

【こちらの記事もオススメ】
【社築】類まれな実況センスと、全国トップクラスのゲームスキルでファンを魅了。信頼できるオタク

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
寺村 一也(Kazuya Teramura)
寺村 一也(Kazuya Teramura)
ライター。ゲームに関連した書籍・WEBメディアで記事を執筆する傍ら、ゲーム実況・VTuber文化にも精通。幼少期からゲームを遊ぶ時間に制限があったものの、説明書や攻略本など関連書籍を読み漁りゲームの魅力に触れていく。その経験からプレイ以外の「観て楽しむ」という実況文化を学ぶようになる。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES