小島監督が手掛けた名作『ポリスノーツ』を「TEAM-2BRO.」がプレイ 作りこまれたハードボイルドSFの世界に、弟者・兄者・おついちの3人が挑む

 ゲーム実況者として活動する「TEAM-2BRO.」の弟者さん、兄者さん、おついちさんは、自身のYouTubeチャンネルにおいて「【SFハードボイルド】弟者,兄者,おついちの「ポリスノーツ(POLICENAUTS)」【2BRO.】#1」を配信した。

 本配信でプレイされる『ポリスノーツ』は、1994年にコナミより発売されたハードボイルドSFアドベンチャーゲームだ。

 物語の舞台は、スペースコロニー「ビヨンド・コースト」の完成により、宇宙に人類が進出し始めた世界。主人公の「ジョナサン・イングラム」は、かつてビヨンドの治安を守るために結成された「ポリスノーツ」のメンバーだったが、事故によりコールドスリープ状態で宇宙を漂流。奇跡的に生還したものの、25年もの月日が経っていた。

 その後、地球で探偵業を営みながら細々と暮らしていたジョナサンの元に、ひとりの依頼人が訪れる。それは、彼の元妻であるロレインであり、その依頼は「再婚相手の行方の捜索」であった……。

 「メタルギアソリッド」シリーズをはじめとした、数々の名作ゲームを手掛けた小島秀夫氏が率いるチームによって製作された作品である。そのため、緻密に作りこまれた世界観に、まるで映画のような演出、ところどころに仕込まれた小ネタなど、小島氏らしいプレイヤーを引き付ける要素が詰まっている。

 

 そんな本作をプレイするのは、「TEAM-2BRO」の3人。前述の小島氏とは交流のあるグループであり、対談や番組での共演などを行ったこともある。

 アクションゲームをメインでプレイしている印象が強いグループであるが、ときどき行われるアドベンチャーゲームなどのシナリオを中心とした作品をプレイする際に、いつもとはまた違う良さが出る。

 本配信は、その良い点を凝縮したかのような内容で、3人の息の合った朗読や、随所での的確なツッコミなど、本編シナリオも併せて見どころ満載となっている。いい声でセリフを読んでくれるのも、もちろん注目するべきポイントだ。気になった人は、是非配信を視聴してみてほしい。

 

【Let’s Player】

兄者弟者(YouTubeチャンネル
「TEAM-2BRO」として活動する、兄者、弟者、おついちの3人で構成されたゲーム実況者グループ。10年以上前からゲーム実況を行っており、FPSやTPS、ホラーゲームなどを中心にプレイする。「PLAY WITH US」をモットーに、ゲームの楽しさを視聴者と共有するために活動し、ファミ通・電撃ゲームアワード2019のベストストリーマー部門にノミネートされたり、様々なゲーム公式番組に出演するなど、その人気は留まることを知らない。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
寺村 一也(Kazuya Teramura)
寺村 一也(Kazuya Teramura)
ライター。ゲームに関連した書籍・WEBメディアで記事を執筆する傍ら、ゲーム実況・VTuber文化にも精通。幼少期からゲームを遊ぶ時間に制限があったものの、説明書や攻略本など関連書籍を読み漁りゲームの魅力に触れていく。その経験からプレイ以外の「観て楽しむ」という実況文化を学ぶようになる。

PickUP !

Related Articles

「ぼっち・ざ・ろっく!」原作者・はまじあきさんが『Gartic Phone』をプレイ まんがタイムきらら系列の作家たちが集まって行われた、豪華なお絵描...

https://www.youtube.com/watch?v=z2ytliOjwC0  配信も行っている漫画家のはまじあきさんは、自身のYouTubeチャンネルにおいて「ぼっち・ざ・ろっく!原作者の前で描いてみたwithきらら作家【Gartic Phone編】」を公開した。  本...

Stay Connected

TOP STORIES