小島秀夫氏が手掛けた『DEATH STRANDING』がPS5用にリマスター化

 PlayStation 4用ソフトとして2019年11月8日に発売された、『DEATH STRANDING(デス・ストランディング)』がDIRECTOR’S CUTとしてPlayStation 5用にリマスター化。タイトルは『DEATH STRANDING DIRECTOR’S CUT』。ティザートレーラーも公開された。

 本作は、コナミで「メタルギアソリッド」シリーズを手掛けたクリエイター・小島秀夫氏による完全新規のタイトル。新会社コジマプロダクションを立ち上げて初めて開発したタイトルであり、小島氏が企画・脚本・監督・ゲームデザインを担当している。

 ゲームの舞台は、突如発生した原因不明の大災厄により、無人の荒野となった北米大陸。プレイヤーは3人称視点で進行し、”誰か”とオープンワールドのフィールド上で共有、協力しながら依頼達成のための道程を模索しつつ、配達物を目的地まで届けていくことになる。

 追加要素の有無は、現時点では不明だが、トレーラーはステルスゲームとしての魅力を表現した内容になっている。詳細は後日発表される。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
PickUPs!編集部
PickUPs!編集部https://pickups.jp/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

PickUP !

Related Articles

『ソニックフロンティア』オリジナルサウンドトラックCDが発売 ゲーム中BGM全150曲収録

パッケージ版発売と同時に、国内外主要コンテンツプロバイダより音楽配信サービスを開始。さらに、収録楽曲が試聴可能な動画も公開。

Stay Connected

TOP STORIES