『天穂のサクナヒメ』のプライズ景品が7/1より登場

 イオンファンタジーは、世界で100万本を出荷した話題の稲作ゲーム『天穂のサクナヒメ』のプライズゲーム用景品「天穂のサクナヒメ ぬいぐるみ(全3種類)」を、アミューズメント施設「モーリーファンタジー」「PALO」、オンラインクレーンゲーム「モーリーオンライン」にて2021年7月1日(木)より順次展開することを発表した。

 「天穂のサクナヒメ ぬいぐるみ」は、ゲームの中で戦闘時に着用している狩り装束や米を育てている時に着用している農作業着姿が再現されており、サクナヒメを親代わりに育ててきたタマ爺も登場する。

 

<以下、プレスリリースより引用>

株式会社イオンファンタジー(本社:千葉県千葉市、代表取締役社長:藤原徳也、以下、当社)は、世界で100万本を出荷した話題の稲作ゲーム『天穂のサクナヒメ』のプライズゲーム用景品「天穂のサクナヒメ ぬいぐるみ」を、当社が運営するアミューズメント施設「モーリーファンタジー」「PALO」、オンラインクレーンゲーム「モーリーオンライン」にて7月1日(木)より順次展開いたします。
※世界累計出荷本数には、パッケージ版の出荷確定本数とダウンロード版およびSteam版(PC)の販売数を含みます。
◆詳細はこちら:https://www.fantasy.co.jp/molly-fantasy/prize/

 

「天穂のサクナヒメ」プライズゲーム用景品概要

景  品:天穂のサクナヒメ ぬいぐるみ 全3種
展開期間:2021年7月1日(木) ~ 無くなり次第終了
店  舗:モーリーファンタジー、PALO、オンラインクレーンゲーム モーリーオンライン                                     

 

狩り装束や農作業着姿のサクナヒメがプライズゲーム景品に!

天穂のサクナヒメ ぬいぐるみ

ゲームの中で戦闘時に着用している狩り装束や米を育てている時に着用している農作業着姿がそのままぬいぐるみになりました。また、サクナヒメを親代わりに育ててきたタマ爺も登場。サクナヒメのぬいぐるみの高さは20cm、タマ爺のぬいぐるみの高さは15cmで、サクナヒメ(狩り装束)、サクナヒメ(農作業着)、タマ爺の全3種類展開です。

「天穂のサクナヒメ」プライズゲーム用景品

 

「天穂のサクナヒメ」とは

2020年11月12日に発売された和風アクションRPGゲーム。鬼と闘うアクション要素と、日本古来の伝統を取り入れた米づくりを詳しく再現したシミュレーション要素が人気で、2021年6月には世界累計出荷本数が100万本を突破しました。

公式HP:https://www.marv.jp/special/game/sakuna/

※画像はイメージです。
※一部、本景品の取り扱いが無い店舗がございます。
※緊急事態宣言の発令で臨時休業している店舗では、展開延期とさせていただきます。
※展開日や展開店舗は予告無く変更させていただくことがございます。
※景品は数に限りがございます。在庫数等、詳しくはお近くの店舗へお問い合わせください。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
PickUPs!編集部
PickUPs!編集部https://pickups.jp/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

PickUP !

Related Articles

中裕司容疑者、インサイダー取引の疑いで再逮捕 エイチーム株を1億4,400万円分買い付け

今回は『FF7 THE FIRST SOLDIER』についてエイチームとの業務提携を行うという公表前の内部情報をもとに1億4,400万円分の株を買い付けたとして、再度逮捕された。

Stay Connected

TOP STORIES