『PUBG MOBILE INDIA』リリースから1週間で3,400万人を突破 

 KRAFTONは『PUBG MOBILE INDIA』がリリースから一週間で累計ユーザー数3,400万人を突破したと明かした。これは、Google Playストアのみで成し遂げた成果となる。

 7月2日、インド地域を対象に、現地でも大人気のIP『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(以下、PUBG)』を活用した『PUBG MOBILE INDIA』がリリース。すると、その人気を証明するかのようにリリースから1週間で累計ユーザー3,400万人、一日あたりの最大ユーザー数1,600万人、最大同時接続者数240万人を記録した。

 Google Playランキングでもリリース直後から大きく順位を上げ、正式リリースから24時間で人気順位1位、売上順位2位にランクイン。

 また、7月8日に公式YouTubeチャンネルで開かれたローンチパーティーでは人気ストリーマーらと様々なイベントを行い、最大同時視聴者数は50万人に迫った。

【関連URL】
公式Youtubeチャンネル:
https://bit.ly/3AGoncC   

 今後、インドのユーザー向けの『PUBG MOBILE INDIA』eスポーツ大会を開催し、インド国内のPUBG IPをさらに拡大していく予定とのこと。加えて、継続的な投資を通じてインドのゲーム産業とeスポーツエコシステムの育成に最善を尽くす予定。

   

PUBG MOBILE本部のイム・ウヨル本部長は、

「インドユーザーの熱い声援に感謝する。 引き続き、更に大きな楽しみを提供できるようコンテンツ開発に力を入れていきたい。またPUBG MOBILE INDIAを皮切りに、KRAFTONとインドのゲームやEスポーツ産業が共に成長していくことを期待している。」とコメントしている。

※株式会社KRAFTONはPUBG JAPAN株式会社の親会社です。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
PickUPs!編集部https://pickups.jp/membership-join/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。 読者会員に登録すると、無料ですべての記事をご覧いただけます。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

PickUP!

Related Articles

「ゲームマーケット2021秋」レポート。ボードゲームファンの活気満ち溢れるイベントに

ボードゲームの最新トレンドやブースのコンセプト、今後の展開について、アークライトとピチカートデザインにも取材。

「台北ゲームショウ2022」2022年1月22日~25日にオフライン・オンラインで併催

台湾でのコロナ禍流行が徐々に収まってきていることを受け、物理的なイベントを予定。実物展示エリアが設けられ、9月から企業の出展登録受付を行っている。

Stay Connected

TOP STORIES