GENDAとフクヤホールディングスが合弁会社「トーキョー キャラクター メーカーズ」を設立

 GENDAとフクヤホールディングスは2021年8月2日、キャラクターライセンス事業を行う合弁会社「株式会社トーキョー キャラクター メーカーズ」を設立したことを発表した。

 GENDAはこれまでにSEGAブランドでのアミューズメント施設等を197店舗運営、ほかにアミューズメントマシンレンタル事業、オンラインクレーンゲーム事業、セールスプロモーション事業、中国事業、米国事業を展開。一方のフクヤホールディングスは、アミューズメント景品・キャラクターグッズの企画・販売、企業向けSP・ノベルティグッズの企画・制作を行ってきた。

 両社は更なる事業拡大のため、合弁会社を設立しキャラクターライセンス事業を開始。フクヤホールディングスが有するキャラクターに関する事業展開の知見と、GENDAのネットワークを掛け合わせることで、キャラクターを軸とした新たな価値を創造するという。

      

GENDA グループ全体図

    

新会社概要

名称株式会社トーキョー キャラクター メーカーズ
本社所在地東京都大田区大森本町一丁目6番1号
代表者奥野 晴基
事業内容キャラクターの企画、開発、デザインの販売並びに権利の管理
映画、アニメ等への投資
資本金2,500万円
設立年月日2021年8月2日
株主株式会社GENDA 51.0%
株式会社フクヤホールディングス 49.0%

    

代表者プロフィール
氏名 : 奥野 晴基
略歴 : 2000年から約21年間ウォルト・ディズニージャパン株式会社に勤務。コンシューマ・プロダクツ部門において、セールス&マーケティングとステーショナリー・雑貨・ファッションを中心とした複数のライセンシングで数多くのパートナーシップを構築しビジネス成長を牽引。2021年7月に同社アカウントマネジメント・マネージャーを退任。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
PickUPs!編集部
PickUPs!編集部https://pickups.jp/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES