『ウルヴァリン』『スパイダーマン2』PS5向けマーベル作品2本が発表

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、日本時間9月10日(金)午前5時、今後発売予定のPS5タイトルの最新情報番組「PlayStation®Showcase 2021」において、Insomniac Games(インソムニアックゲームズ)の新作2本を発表した。

・『Marvel’s Spider-Man 2(マーベル スパイダーマン2)』

 『スパイダーマン2』は、2018年9月にPS4でリリースされた『Marvel’s Spider-Man』の最新作。2023年に発売予定だ。

 公開されたトレーラーでは、2作目にあたるPS5『Marvel’s Spider-Man: Miles Morales』(2020年11月)の主人公マイルズとピーター(スパイダーマン)が息の合ったコンボ技を決めるなか、シリーズの宿敵であるヴェノムが暗闇に身を潜めている姿を確認できた。

 同シリーズは、全世界で販売本数2,000万本という大ヒットを記録し、今やインソムニアックゲームズの代表作でもある。ウェブ(蜘蛛の糸)を用いて振り子のようにニューヨークの街並みを颯爽と駆け回る移動手段は、マーベルシリーズのヒーローの能力をゲーム上で十二分に堪能でき、世界中のゲームファンから高い評価を得ている。

 

・『Marvel’s Wolverine(マーベル ウルヴァリン)』

 『ウルヴァリン』は、「X-MEN」シリーズや映画でもお馴染みの鋭い爪を持つヒーロー、ウルヴァリンを主人公としたゲーム。発売日は未定。

 まだゲーム概要は公開されていないものの、トレーラーではウルヴァリンの性格と力強さが垣間見れる破壊されたバーの店内が映し出された。

 ウルヴァリンの能力は、鋭い爪と動物的な感覚(反射能力)、怪我を回復できる治癒能力などが挙げられる。ジャンルは不明だが、近接戦闘を中心としたアクションゲームになることが予想される。また、前述したスパイダーマンとは対象的に、軽快なアクションというよりかは、敵をなぎ倒すパワープレイが期待される。

 

 1994年に設立されたインソムニアックゲームズは、これまで『スパイロ・ザ・ドラゴン』や「ラチェット&クランク」シリーズなどさまざまなヒット作を世に送り出してきたゲーム会社。

 PS5タイトルでは、2020年に『Marvel’s Spider-Man:Miles Moralesn』(PS4版も有)、2021年に『ラチェット&クランク パラレル・トラブル』を発売し、短期間で高品質なゲームを立て続けに開発し、ここ数年で企業としての認知度も広まった。

 プレイステーションスタジオ統括責任者のHermen Hulst氏は、番組内で「ストーリーテリングと職人芸を併せ持つ同社は、ここ数年にわたり質の高いゲームを生産し続けている。彼らはチーム内のコラボレーション(共同作業)を特に重視しており、プレイステーションチームやマーベルなどとも密接な関係を築いている」と高く評価。

 インソムニアックゲームズの新作2本は、国内でも話題になることだろう。

※記事内の画像は動画をキャプチャーしたものとなる。
(C) 2021 Sony Interactive Entertainment LLC

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
PickUPs!編集部
PickUPs!編集部https://pickups.jp/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES