『ELDEN RING』ゲームプレイ映像公開。公開から8時間で200万再生、高評価15万の大反響

 フロム・ソフトウェアは、2022年2月25日発売のPS5/PS4/Xbox Series X|S/Xbox One/Steam(PC)向けソフト『ELDEN RING(エルデンリング)』のゲームプレイPVを公開した。あわせて、DL版・パッケージ版の予約受付が開始している。

 『エルデンリング』は、ダークファンタジーの世界観を広大なオープンフィールドで描くアクションRPG。トライ&エラーを繰り返す高難易度なゲーム性を持つ“ソウルライク”というジャンルを確率した「ダークソウル」シリーズの王道進化を目指して制作されている。

 映像では、今まで詳細が不明だった本作のシステムについての概要が明かされ、約15分にわたってバトルやクラフト、マルチプレイなどのシステムを確認することができた。映像を観るとまず、呼び出した馬に乗ってフィールドを駆け巡り、騎乗した状態で戦闘を行うシーンが目を惹く。また、フロム・ソフトウェア作品では恒例となるムーンライトソードのような見た目の武器を振るう場面も見られ、期待の膨らむ内容となった。

 特筆すべきは、その映像の内容もさることながら、今回の映像解禁に対する反響の大きさだろう。公開から8時間ほど経って確認した時点で200万回再生を超え、高評価15万の大反響を呼んでいた(記事掲載時点では300万回再生を突破)。Youtubeのコメント欄は、海外向けのチャンネル「BANDAI NAMCO Europe」で公開されたこともあり、海外のユーザーが多くの好意的なコメントを寄せているのも確認できる。

 先月行われた「TGS2021」でも、主催者番組の中で各国の記者やクリエイターがこぞって『ELDEN RING』への期待を表していたことからも、国内外問わずあらゆるゲームファンが本作に注目していることがうかがえる。

【関連記事】
世界のゲーマーから見た日本のゲームの印象。IGNグローバルの記者が回答【TGS2021】

 2022年2月25日発売の『ELDEN RING』は予約受付も開始し、通常版9,240円(税込)のほか、ゲーム本編とデジタルアートブック、サウンドトラックをまとめた『ELDEN RING デジタルデラックスエディション』が9900円(税込)でリリース予定。

 PS5とPS4向けには、「ミケラの刃、マレニア」スタチュー(23cm)やアートブック(ハードカバー仕様/40P)などが付属した『ELDEN RING コレクターズエディション』24,200円(税込)も販売予定。詳細は、公式サイトのプロダクトページから確認できる。

    

© BANDAI NAMCO Entertainment inc. / ©2021 FromSoftware, Inc.

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

急成長のNextNinjaが全職種積極採用! 代表・山岸氏が本気で求める人材像とは

[AD]飛躍の時を迎えつつあるNextNinjaは今、全力で新たなチャレンジャーを探している。「全職種積極採用」を掲げる組織戦略と、求める人材像とはいかなるものなのか。代表の山岸氏に直接話を聞いた。

Related Articles

リニューアル及び新サイト移行作業につき更新一時停止中

具体的な日時は調整中ですが、リニューアル及び新サイト移行作業が完了した際には、PickUPs!上でもお知らせ致します。またメールマガジンにご登録していただいた方には優先して告知致します。

Stay Connected

TOP STORIES