ディズニー・ピクサーのキャラクターが参戦するMOBA『Disney Melee Mania』がApple Arcade独占で登場

 Appleは、Mighty Bear Gamesが開発する新作タイトル『Disney Melee Mania』(ディズニー メレー マニア)を「Apple Arcade」独占タイトルとしてリリースすることを発表した。時期は12月を予定。

 『Disney Melee Mania』にはミッキーマウスやバズ・ライトイヤーを始め、エルサ、モアナ、ラルフなど、ディズニーおよびピクサー作品に登場するキャラクターが「ホログラフィック・ヒーロー」として参戦し、1試合は5分、3vs3のMOBAのような形式で対戦を楽しめるタイトル。

 公開された映像では、プレイヤーらしき人物がゴーグルを掛けるシーンから開始されるため、仮想空間上でキャラクターになりきって戦うという設定なのかもしれない。

 確認できる映像内には他に、「眠れる森の美女」におけるヴィランであるマレフィセントに加え、「Mr.インクレディブル」「インクレディブル・ファミリー」に登場したフロゾン、「インサイド・ヘッド」のビンボン、「ライオン・キング」のティモンといったキャラクターが登場。ヒーロー・ヴィランが入り乱れ、メインキャラクター以外も活躍する作品となっていそうだ。

 また、映像を観る限りでは敵を倒すと得点されるほか、特定のタイミングで現れるエリアに居続けることでポイントがプラスされるような場面があった。

 そのほか、ミッキーの姿が「ファンタジア」を出典としたものになっているのにも注目したい。さまざまなバージョン違いのキャラクターが実装されるのか、それともスキンの変更ができるのか……いずれにせよ、Apple Arcade独占タイトルのため追加課金などの心配はないと言える。

 おさらいになるが、Apple Arcadeは、月額600円で200以上のタイトルが遊び放題になるゲームサブスクリプションサービス。広告やアプリ内課金の要素を排除していることも特徴だ。

 現在では「FF」シリーズの生みの親・坂口博信氏が手掛ける『FANTASIAN』(ファンタジアン)や「ダンガンロンパ」シリーズの小高和剛による『World’s End Club -ワールズエンドクラブ-』など有名クリエイターの新作がプレイでき、『悪魔城ドラキュラ – Grimoire of Souls』、『太鼓の達人 Pop Tap Beat』といった人気シリーズ作品もラインアップされている。

 1ヶ月間の無料トライアルも用意されているため、12月のリリースに合わせて体験してみることをオススメしたい。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

急成長のNextNinjaが全職種積極採用! 代表・山岸氏が本気で求める人材像とは

[AD]飛躍の時を迎えつつあるNextNinjaは今、全力で新たなチャレンジャーを探している。「全職種積極採用」を掲げる組織戦略と、求める人材像とはいかなるものなのか。代表の山岸氏に直接話を聞いた。

Related Articles

リニューアル及び新サイト移行作業につき更新一時停止中

具体的な日時は調整中ですが、リニューアル及び新サイト移行作業が完了した際には、PickUPs!上でもお知らせ致します。またメールマガジンにご登録していただいた方には優先して告知致します。

Stay Connected

TOP STORIES