バンナム、SHOWROOMと資本業務提携を締結。「フットサルボーイズ!!!!!」でリアルタイムに応援できるライブ配信を協業

 バンダイナムコエンターテインメントは12月16日、ライブ動画ストリーミングプラットフォーム「SHOWROOM(ショールーム)」を運営するSHOWROOM社と資本業務提携することを発表した。なお、バンダイナムコグループのグループ会社である株式会社バンダイも同日、SHOWROOMとの資本業務提携を結んでいる。

 SHOWROOM社は、出演者と視聴者がギフティングやコメントを通じたリアルタイムコミュニケーションができるライブ配信ストリーミングプラットフォーム「SHOWROOM」や、スマートフォンでの視聴に特化したプロクオリティの短尺映像を配信するバーティカルシアターアプリ「smash.(スマッシュ)」などを提供する企業。

 バンナムによると、SHOWROOMが持つ独自のアセットやノウハウを融合させるとともに、同社の活気あふれる社風、先進的なアイデアを生み出す力を吸収し、新たなIPやビジネスの創出を目指していくという。

 その一環として、アニメ×アプリゲーム×フットサル試合イベントによる新型メディアミックスプロジェクト「フットサルボーイズ!!!!!」のフットサル試合イベントにおける、リアルタイムに応援が可能となるライブ配信を皮切りに協業を開始する。

 「フットサルボーイズ!!!!!」は、バンダイナムコエンターテインメントおよびバンダイナムコアーツ、ディオメディアの3社が共同で推進する新メディアミックスプロジェクト。アニメ、アプリゲーム、そしてフットサル試合イベントが連動しながらストーリーが展開していくのが特徴。

 今年11月に、スマートフォン向けゲームアプリが配信され、来年2022年1月からはTVアニメ放送も決定。いよいよプロジェクトが本格的に始動するタイミングとなった。

 そこでSHOWROOM社と協業し、アプリゲーム・アニメに出演するキャストがフットサルの試合を行うイベント「Get Ready!! フットサルボーイズ!!!!! ハイファイカップ ~僕たちのデビュー戦!~」の様子を、SHOWROOMおよびその他プラットフォームで生配信する。

「デビュー戦」の様子は2021年 12月29日(水)を予定。キャストによる試合の勝敗結果がアニメやアプリゲームに連動、反映されるという仕組みで新たな体験を生み出す狙いだ。

      

 なお、SHOWROOM代表取締役社長の前田裕二氏と、バンダイナムコエンターテインメント代表取締役社長・宮河恭夫氏による対談動画も公開中。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES