TVアニメ『トライブナイン』完成披露試写会レポート。独自性で駆け抜ける、野球のようで野球じゃないもの

 アカツキ×トゥーキョーゲームズが送る、新規メディアミックスプロジェクト『トライブナイン』。『ダンガンロンパ』シリーズの製作チームを率いる小高和剛氏が原作を務め、総合プロデュースをアカツキが担当。TVアニメの放映や、スマートフォン向けの3DアクションRPGのリリースも予定されている、話題の作品だ。

 2021年12月22日(水)、そんな『トライブナイン』のTVアニメ放送に先がけ、完成披露試写会が秋葉原UDXシアターにて開催。トゥーキョーゲームズの小高和剛氏、アニメ監督の青木悠氏に加え、白金ハル役の堀江瞬氏、有栖川さおり役の渕上舞氏、応援大使を務めるえなこ氏、つんこ氏が登壇し、アニメ『トライブナイン』についての座談会や第1話の先行上映会などが行われた。

 本作にてメインとなるのは、燃え盛るバットや出塁時発生するバトルなど、野球に似ているものの、バイオレンス度が高めな決闘手法、エクストリームベースボール。地区によって分けられたトライブ間での抗争に決着をつけるため、プレイヤー同士の激しいバトルが繰り広げられる。

 そんな、かなり攻めた世界観で展開される本作。原案を担当する小高氏によると、アニメとゲームでは世界観は共通しているものの、全く違ったストーリーが展開されるという。新しいIPで勝負するため、他では作れないような独自性を持たせるためにこだわっており、「ぱっと見でわからなくなりがちな独自性を、アニメによって広く知ってもらえれば」と語った。

▲小高和剛氏

 また、本作が初監督作品となる青木氏によると、ゲームと一緒に歩んでいく作品であることを公言しつつ、野球を知らない人でもわかりにくくならないように、キャラ同士でのギリギリの駆け引きやバトルを、見て楽しめるようにしているそうだ。

▲青木悠氏

 なお、青木氏はアニメの絵コンテをひとりで描き切ったらしく、複数人で作成するよりも大変さはあったものの、原作サイドと詰めて作成できたため、コンテンツごとのキャラクターのブレがなく、魅了がより引き立っていったそうだ。

 また、本作ではキャラクターたちがそれぞれトライブに分かれて生活しているため、よりビジュアルをせめて作ることで、どのトライブが登場したかすぐわかるようにしたと、トライブ背景の制作秘話を明かした。

 続いてキャスト陣への問答へ移る。堀江瞬氏が演じるのは、気弱ないじめられっ子だが、持ち前の目の良さと俊敏さを武器にする白金ハル。堀江氏はオーディションの際、「自身の声で喋ってください」という青木氏のオーダーがあったらしく、「この作品はほかとは違うものがやりたい」ということを感じ、緊張したそうだ。

▲堀江瞬氏

 本編に関しては「展開がとにかくすごくて、笑っちゃう」そうで、小高氏が過去に手掛け、堀江氏も出演した作品『アクダマドライブ』と比べても、全く違う角度から来たと驚きをあらわにした。しかしそれだけではなく、ドラマや成長があり、キャラクターたちのなかでも、とくに弱弱しそうに見える白金ハルが、エクストリームベースボールと出会ってどう変わっていくのかを見てほしいと、見どころを語った。

 続いて作品の印象を話すのは、可憐な見た目と確かな実力を持つキャラクター、有栖川さおりを演じる、渕上舞氏。スポーツをテーマとしたアニメといえば思い浮かぶ、さわやかな青空やきらめく笑顔といった印象なのとは対照的に、本作のメインビジュアルは夜がメインという部分を紹介し、本作のユニークさについて言及。

▲渕上舞氏

 また、印象的なビジュアルも然ることながら、エクストリームベースボールを主軸として、メインストーリーは分かりやすく描かれているとのこと。「ただ、そこから掘り下げるといろいろな考察ができる作品になっている」と、本作の魅力的にコメント。

 さらに、親善大使として有栖川さおりのコスプレで登壇したコスプレイヤーのえなこ氏は、黄色に近いウィッグをかぶる仕事があまりないそうで、とにかく色に悩んだとのこと。衣装も、二次元のビジュアルを再現できるように細かく調整したそうだ。

▲えなこ氏

 同じくコスプレイヤーのつんこ氏は、本作のキーキャラクターであり、圧倒的なカリスマを放つ神谷瞬の特徴的な白髪を再現。衣装はシンプルだからこそ、細かい部分にこだわりポイントがあると語り、コスプレしたつんこ氏の後ろ姿を見た堀江氏は、シルエットの再現が凄いと、驚いていた。

▲つんこ氏

 試写会が進むとともに、第1話に加えて、オープニングやエンディングムービー、新PVなども公開。さらなる躍進を遂げるであろう『トライブナイン』の片鱗を見せつつ、試写会は幕を閉じた。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
寺村 一也(Kazuya Teramura)
寺村 一也(Kazuya Teramura)
ライター。ゲームに関連した書籍・WEBメディアで記事を執筆する傍ら、ゲーム実況・VTuber文化にも精通。幼少期からゲームを遊ぶ時間に制限があったものの、説明書や攻略本など関連書籍を読み漁りゲームの魅力に触れていく。その経験からプレイ以外の「観て楽しむ」という実況文化を学ぶようになる。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES