『バイオハザード ヴィレッジ』がSteamアワードのゲームオブザイヤーを受賞。世界が認めた国産ホラーゲーム

 Valveは、PCゲームプラットフォームSteamにて、ユーザー選出によるベストタイトルを決めるSteamアワードの2021年度受賞作を発表した。

 数あるタイトルの中から見事ゲームオブザイヤーに輝いたのは、2021年5月8日にカプコンよりリリースされた『バイオハザード ヴィレッジ』(以下、ヴィレッジ)だ。同作は美麗なグラフィックや没入感溢れるアクション、ドミトレスク夫人をはじめとした個性的な登場キャラクターたちが大きな話題に。

 10月末には、全世界出荷500万本を突破。11月23日の「Golden Joystick Awards 2021」では、「アルティメット・ゲーム・オブ・ザ・イヤー賞」を含む計4部門を受賞。12月3日には「PlayStation Partner Awards 2021 Japan Asia」にてGRAND AWARD(グランドアワード)を受賞するなど、快進撃を続けている。

 カプコンのプロデューサー・神田剛氏は、GRAND AWARDを受賞した際に「皆様のご支持を受けて、追加ダウンロードコンテンツも鋭意制作中ですので、ぜひ続報にご期待ください」とコメントしている。

 前作『バイオハザード7 レジデント イービル』(2017)では人気キャラクターであるクリス・レッドフィールドが活躍するエピソードや脱出ゲーム、デスゲームなど数多くのDLCが配信されていただけに、『ヴィレッジ』の追加配信にも期待が高まるというもの。発売して半年以上経った今なお、注目を集め続けているタイトルだ。

 Steamアワードでは『ヴィレッジ』のほか、『It Takes Two』、『Deathloop』、『サイバーパンク 2077』、『仁王2 Complete Edition』など数々のタイトルが名を連ねている。Steamでは1月5日までウィンターセールが行われているため、興味のある方は購入を検討してみてはいかがだろうか。

 

Steamアワード2021年度受賞作

●ゲームオブザイヤー
『バイオハザード ヴィレッジ』

●VRゲームオブザイヤー
『Cooking Simulator VR』

●愛の為せる業賞(追加DLCなど、開発者によるサポートを重視)
『テラリア』

●フレンドとプレイしたい賞
『It Takes Two』

●優れたビジュアルスタイル賞
『Forza Horizon 5』

●最も革新的なゲームプレイ賞
『Deathloop』

●不得意なベストゲーム賞(難易度が高いゲームに贈られる)
『仁王2 Complete Edition』

●ベストサウンドトラック
『マーベル ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』

●優れた物語ゲーム賞
『サイバーパンク 2077』

●ゆったり座ってリラックス賞
『Farming Simulator 22』

 

2021年Steamアワードの受賞作品の発表ページ:https://store.steampowered.com/steamawards

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
島中 一郎(Ichiro Shimanaka)
島中 一郎(Ichiro Shimanaka)https://www.foriio.com/16shimanaka
ライター。ゲーム・アニメ業界を中心にニュース記事の執筆、インタビュー、セミナー取材などマルチに担当。ボードゲームが趣味であり、作品のレビューや体験会のレポートを手掛けるほか、私生活で会を催すことも。無類のホラー好き。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES