新型HMD「PlayStation VR2」が発表。専用タイトル『Horizon Call of the Mountain』のティザームービーも公開に

▲画像はPlayStation.Blogより

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、PlayStation 5用新型VRヘッドマウントディスプレイ「PlayStation VR2」と、VRコントローラー「PlayStation VR2 Sense コントローラー」を発表した。

 PlayStation VR2は、4K HDRディスプレイと110度の視野角、プレイヤーの中心視野を高解像度で描画する「フォービエイテッド・レンダリング」を搭載。片目あたり2000×2040の解像度と、90/120Hzのフレームレートを実現している。

 VRヘッドセット搭載のカメラを通じてプレイヤーとコントローラーをトラッキングでき、プレイヤーの動きや向いている方向をゲーム内に反映。さらには視線トラッキング機能、モーターの振動により触覚要素を加える「ヘッドセットフィードバック」、3DオーディオによりVR空間を没入感たっぷりに楽しめるようになっている。

 また、PlayStation VR2専用タイトルとして、Guerrilla(ゲリラ)とFirespriteが手掛ける『Horizon Call of the Mountain』のティザームービーも公開となった。

 ゲリラのスタジオディレクター兼スタジオアート&アニメーションディレクターであるジャン バート・ヴァン・ビーク氏は、「本タイトルは、ハードウェア技術、イノベーション、そしてゲームプレイの限界を超えるために創られた、ほかにはない体験をお届けします」とコメント。

 製品のビジュアルや発売日などについてのアナウンスはまだ行われていない。今後の発表について、大いに期待したいところだ。

 

PlayStation VR2の仕様

ディスプレイ方式有機EL
パネル解像度左右の目それぞれに2000×2040の映像を表示
パネルリフレッシュレート90Hz、120Hz
レンズ間距離調整可能
視野角約110度
センサーモーションセンサー: 6軸検出システム
(3軸ジャイロ・3軸加速度)
装着センサー: IR近接センサー
カメラトラッキングカメラ×4
(VRヘッドセット、VRコントローラートラッキング用)
IRカメラ×2
(視線トラッキング用)
フィードバックヘッドセットの振動
PS5との通信USB Type-C®
オーディオ入力: 内蔵マイク
出力: ステレオヘッドホン端子

 

PlayStation VR2 Senseコントローラーの仕様

ボタン[右]
PSボタン、オプションボタン、アクションボタン(○ボタン/×ボタン)、R1ボタン、R2ボタン、右スティック/R3ボタン
[左]
PSボタン、クリエイトボタン、アクションボタン(△ボタン/☐ボタン)、L1ボタン、L2ボタン、左スティック/L3ボタン
センシング/トラッキングモーションセンサー: 6軸検出システム
(3軸ジャイロ・3軸加速度)
静電容量式センサー: 指検知
IR LED: ポジショントラッキング
フィードバックトリガーエフェクト(R2/L2ボタン)、ハプティックフィードバック(各コントローラーにつき1つのアクチュエーターを搭載)
端子USB Type-C®端子
通信Bluetooth® Ver5.1
電池種類: 内蔵型リチウムイオン充電池

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
島中 一郎(Ichiro Shimanaka)
島中 一郎(Ichiro Shimanaka)https://www.foriio.com/16shimanaka
ライター。ゲーム・アニメ業界を中心にニュース記事の執筆、インタビュー、セミナー取材などマルチに担当。ボードゲームが趣味であり、作品のレビューや体験会のレポートを手掛けるほか、私生活で会を催すことも。無類のホラー好き。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES