セガ、札幌市に開発業務を担う「セガ札幌スタジオ」を設立。現地採用で就労機会の拡大に繋げる方針

 

 セガは、北海道札幌市に株式会社 セガ札幌スタジオ(本社:北海道札幌市、代表取締役社長:瀬川隆哉)を2021年12月1日(水)に設立したことを発表した。

 セガ札幌スタジオの主な役割はセガのIPに関するタイトル開発と、ゲームのデバッグ作業となる。設立の経緯に関して、セガは以下のように説明している。

近年のデジタルトランスフォーメーション(DX)の急激な進展によって、ゲーム業界においてはデバイスやプラットフォーム、国や地域といった様々な垣根が取り払われつつあり、かつゲーム利用シーンの多様化とそれに伴う利用者の増加から、ゲーム市場の世界的な拡大が続いています。市場拡大に伴ってゲームコンテンツに対する需要も増大しており、ソフトメーカーにおいては開発体制の強化が急務となっています。

こうした状況を受けてセガでは、質が高く、安定的な開発ラインを確保すべく「セガ札幌スタジオ」を設立いたしました。本スタジオでは現地採用の従業員が中心となって当社のゲームソフトのためのデザイン、及びプログラム業務や、製品の品質チェックを行うデバッグ業務を担います。

 

 セガ上席執行役員であり、セガ札幌スタジオの代表取締役社長を兼任する瀬川隆哉氏は、以下の様にコメント。

「セガでは革新的なコンテンツ創出に挑み、新たな感動体験を創造するというポリシーのもと、60年以上に渡って多様なノウハウを蓄積してまいりました。この度開設するセガ札幌スタジオでは、これらのノウハウを活かし、同地での就労を希望される方々とともに作品作りに取り組み、日本から世界に発信し、楽しんでいただけるエンタテインメントの開発の一翼を担っていきます。」

 また、秋元克広 札幌市長もコメントを寄せている。

「セガ札幌スタジオの開設を心よりお喜び申し上げます。クリエイティブ産業の振興に取り組んでいる札幌市に、ゲーム業界の最前線で活躍される皆様をお迎えすることができ、大変心強く思っております。CG・プログラミングを学ぶ学生、ゲームクリエーターに憧れる子どもたちの目標となっていただきながら、連携して業界の発展やまちづくりに取り組んでいければ幸いです。今後の益々のご発展をお祈り申し上げます。」

 瀬川隆哉氏によると、将来的には同スタジオを拠点として、Iターン・Uターン等、各個人のキャリアパスに繋がる支援に関してもセガグループ全体で積極的に取り組んでいくことを考えているという。

 スタジオの所在地である札幌市は約200万人の人口を抱え、ビルの立ち並ぶ都市部と豊かな自然が隣接する国内有数の都市。かつ、古くより北海道の政治・経済・文化の中心地であったことから、大学や専門学校などの教育機関が数多く置かれており、人材確保の観点からも魅力ある環境となっている。

 他社の事例では、2017年8月にCygamesが「Cygames 佐賀デバッグセンター」を設立するなど、地方にスタジオを構えるゲーム企業が増えている。セガ札幌スタジオとしても現地採用を行うことで、札幌市の就労機会の拡大、地域活性化につなげていく方針。

     

会社概要

社 名:株式会社 セガ札幌スタジオ
所在地:北海道札幌市北区北10条西三丁目9番地2
代表者:代表取締役社長 瀬川隆哉
設立日:2021年12月1日
資本金:1億円
事業内容:ゲームコンテンツの開発、デバック

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES