日本一ソフトウェアのスマホゲームが遊び放題になるサブスクのCBT募集が開始。同社のゲーム音楽も聴き放題に

 日本一ソフトウェアは、同社が配信中のスマホゲームが遊び放題・ゲーム音楽が聴き放題となるサブスクリプションサービス「ゲームバラエティーUnlimited」のCBTの募集を開始したことを発表した。価格は月額980円(税込)。

 CBT募集人数は1,000名となっており、募集期間は1月24日(月)まで。開催期間は1月31日(月)~2月6日(日)までを予定としている。

 「ゲームバラエティーUnlimited」の前身となる「ゲームバラエティー」は、日本一ソフトウェアの買い切り型のアプリを探せるポータルサイトとして、2019年7月にオープン。以降、『ゲームバラエティー麻雀』や『花札』、『トランプ Vol.1』といったテーブルゲームや、『嘘つき姫と盲目王子』、『htoL#NiQ -ホタルノニッキ-』、『殺人探偵ジャック・ザ・リッパー』など数多くの人気タイトルを配信してきた。

 

 今回発表されたサブスクリプションサービスで配信されるアプリタイトルはまだ未定だが、公開されている画像によると、シミュレーションRPG『魔界戦記ディスガイアRefine』やホラーゲーム『夜廻』といった人気作の配信が予定されているようだ。

 特に『夜廻』については、4月21日にシリーズ最新作である『夜廻三』が発売されることもあり、気になっている方は多いのではないだろうか。

 

 前述した2作品のほかにも、『ピンボール』や『花札』、『将棋』といった数々の定番テーブルの配信を予定しているようだ。ゲーム音楽の一部が聴き放題になるというのも、日本一ソフトウェアのゲームファンにとって嬉しいポイントだろう。

 「ゲームバラエティーUnlimited」のCBTの募集期間は、1月24日(月)まで。CBT参加者には、正式サービス開始時の無料期間を1か月延長できる特典がプレゼントされるとのことだ。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
島中 一郎(Ichiro Shimanaka)
島中 一郎(Ichiro Shimanaka)https://www.foriio.com/16shimanaka
ライター。ゲーム・アニメ業界を中心にニュース記事の執筆、インタビュー、セミナー取材などマルチに担当。ボードゲームが趣味であり、作品のレビューや体験会のレポートを手掛けるほか、私生活で会を催すことも。無類のホラー好き。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES