GamestreamとUbisoftが技術提携を締結。Ubisoftはゲームストリーミング体験の改善を目指す

 Gamestreamは1月17日、Ubisoftとゲームストリーミングの分野で技術提携したことを発表した。

 Gamestreamはコンシューマー向けクラウドゲームブランド「Pleio」を始めとしたクラウドゲーミングソリューションを専門とする企業。今回の提携でUbisoftは同社の技術を活用し、ゲームストリーミングの体験を向上させる狙い。

 具体的には、ストリーミングセッション中にプレイヤーがゲーム内のメニューを操作する方法を改良し、ゲームストリーミングの体験を継続的に向上させることができるのだという。

 公式ブログによると、Ubisoftのオンラインサービス担当副社長であるStéphanie Perotti氏は「Gamestreamと協力できることを嬉しく思います。このパートナーシップにより、我々は内部およびプレイヤー向けのソリューションのためにゲームストリーミング機能を拡張し続けます」とコメントを寄せている。

 Ubisoftはこれまで、独自のPC向けサブスクリプションサービス「Ubisoft+」を北米・欧州向けに展開。Google StadiaやAmazon Lunaなどに対応し、クラウド経由のサービスもサポートしてきた。

 過去にはストリーミングプラットフォーム「Parsec」とも長期的なパートナーシップを締結。ゲームストリーミング分野に関して、継続して改善に取り組んでいる。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES