集英社とENDROLLによる睡眠習慣記録用アプリ『よひつじの森』が2022年春リリース。1日の睡眠にゲーミフィケーションを取り入れる

 集英社とENDROLLは、両社が共同開発・運営する、ライフハックエンターテインメント事業のプロジェクト第一弾として、睡眠習慣記録をテーマにしたアプリ『よひつじの森』のiOS版を2022年春にリリースすることを発表した。

 情報解禁に合わせ、『よひつじの森』のクローズドコミュニティ「ヨルトコロ」がオープン。コミュニティ内では、本リリースより一足先に本作のプレイができるほか、制作陣による開発進捗共有、裏話や参加者同士の雑談に加え、ライフハックエンターテインメント事業のプロジェクト第二弾の企画参加など、多様なコンテンツが用意されているとのことだ。

 ライフハックエンターテインメントとは、物語作りのノウハウを備えた集英社と、ゲーミフィケーションの知見を持つENDROLLとの二社による、「生活をより豊かにするエンターテインメント」の共創を目指す事業のこと。

 二社のヘルスケア市場の参入には、健康へのアプローチとして、近年ゲーミフィケーションが注目され始めているという背景がある。ヘルスケア市場は2015年以降に年率25%の拡大を続けていると言われており、『ポケモン GO』や『ドラゴンクエストウォーク』、『ピクミンブルーム』といった位置情報ゲームが立て続けにヒットを記録している。

 今回ライフハックエンターテインメント事業の第一弾として発表された『よひつじの森』は、日々の生活に欠かせない「睡眠」をテーマとした、睡眠習慣記録用のスマホ向けアプリケーション。

 プレイヤーは、羊のキャラクター「ヨル」と共にゲーム内で日々を過ごし、規則正しい就眠や、睡眠前のデジタルデトックス習慣を継続していくことで、ストーリーが進行していくという。

 ENDROLL代表取締役の前元健志氏は、「ただ面白いだけに止まらず、プレイヤーの皆様の日常に対しても、明確な実利を届ける体験づくりを目指して参ります」とコメント。集英社デジタル事業部デジタル企画課の漆原正貴氏は、「本作は『一人のライフスタイルに併走するエンターテインメントを作れるのか?』という挑戦です。いつもの日常をほんの少し豊かにする、そんな物語体験を、ENDROLLと一緒に見つけ出せたらと思います」と続けている。

 ちなみに、睡眠にゲーミフィケーションを取り入れた作品と言えば、2019年5月に行われた「ポケモン事業戦略発表会」にて『Pokemon Sleep』(ポケモン スリープ)が発表されていた。作品のリリースは2020年を予定されていたが、続報は未だに発表されていない。

 『よひつじの森』が睡眠にゲーミフィケーションを取り入れたスタンダードな作品として地位を確立することができるのか。今後の発表を楽しみに待ちたい。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
島中 一郎(Ichiro Shimanaka)
島中 一郎(Ichiro Shimanaka)https://www.foriio.com/16shimanaka
ライター。ゲーム・アニメ業界を中心にニュース記事の執筆、インタビュー、セミナー取材などマルチに担当。ボードゲームが趣味であり、作品のレビューや体験会のレポートを手掛けるほか、私生活で会を催すことも。無類のホラー好き。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES