任天堂旧本社社屋がホテル「丸福樓」として2022年4月に開業。1月20日より予約受付中

 ホテルやレストランを世界中に展開するPlan・Do・Seeは1月20日、京都・鍵屋町にてホテル「丸福樓」(まるふくろう)の予約受付を開始した。グランドオープンは2022年4月予定。価格帯は1泊およそ10万円~20万円。

 「丸福樓」は、任天堂旧本社社屋を世界的建築家・安藤忠雄氏による設計監修の新建築とともにホテルとして改装したもの。運営を行うPlan・Do・SeeはTHE AOYAMA GRAND HOTELなども手掛ける。ホテル名の由来は、1947年に任天堂の前身である山内任天堂が、花札・かるた・トランプの製造や販売をする会社として設立した「丸福株式会社」から。

▲建物エントランス(工事前)

 

 客室数は、7つのスイートを含む全18室。全室調度品が異なり、既存棟(旧本社社屋)は当時の建築様式や内装を活かした空間となり、新棟(安藤忠雄氏設計監修)はシンプルでスタイリッシュな居住性の高い空間になっているという。

  

 宿泊に際しては、夕食、朝食、客室ミニバー、ラウンジでの飲食が宿泊料金に含まれているオールインクルーシブのプランとなっている。料理家・細川亜衣氏が監修し、季節の食材を活かした体に優しい無国籍料理のラインアップを、夕食・朝食ともにコース仕立てで提供。

 現在、予約ページでは開業記念特別プランとして10%OFFのプランも用意されている模様。

   

ホテル概要

名称:丸福樓(まるふくろう)

所在地:京都市下京区正面通加茂川西入鍵屋町342番地
客室数:18室 (33㎡ 〜 79㎡)
客室料金:100,000円/泊〜(朝食・夕食・飲物・軽食含む)
(※表記料金は1室2名利用時の1室あたりの料金、消費税・サービス料・宿泊税込)

チェックイン:15時から
チェックアウト:12時まで

Instagram(kyoto.marufukuro

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES