「Oculus Quest」が「Meta Quest」へと表記変更。Meta社の製品であることを明確にしていく狙い

 Meta(旧Facebook)が、「Oculus Quest from Facebook」のブランド表記について、「Meta Quest」へと変更した。それに伴い、「Oculusアプリ」は今後「Meta Questアプリ」変更。販売されているヘッドセットの外箱印字や、ソーシャルメディアのアカウント名についても変更していくとしている。

 Facebookは2021年10月にネット上の仮想現実である「メタバース」を主軸としていく方針から、社名をMetaに変更した。今回のブランド表記名の変更は、VRヘッドセット「Quest」がMeta社の製品であることを明確にしたいという狙いがあるようだ。

 MetaはVRについて、「人々がメタバースにアクセスするための最も没入的な方法」だと紹介。今回の表記変更については、「ハードウェアのブランド表記は変更しますが、ソフトウェアや開発者向けツールなど、当社のDNAの中核としてOculusの精神は存続していきます」とコメントしている。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
島中 一郎(Ichiro Shimanaka)
島中 一郎(Ichiro Shimanaka)https://www.foriio.com/16shimanaka
ライター。ゲーム・アニメ業界を中心にニュース記事の執筆、インタビュー、セミナー取材などマルチに担当。ボードゲームが趣味であり、作品のレビューや体験会のレポートを手掛けるほか、私生活で会を催すことも。無類のホラー好き。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES