TechCrunch Japan、エンガジェット日本版が5月1日にサイト閉鎖

 テック系ニュースサイトの「TechCrunch Japan」が2022年5月1日にサイトを閉鎖することが決まった。2月15日、運営会社であるBoundlessの発表による。同時に、同社が運営するガジェット関連のニュースサイト「エンガジェット日本版」の閉鎖も明らかとなった。

 両サイトは2022年3月31日に更新を終了し、5月1日にすべての記事を削除してサイト閉鎖となる。なお閉鎖の理由は「米国本社のグローバル戦略に伴い、このたびの決定となった」と説明している。

 エンガジェット日本版は2005年、TechCrunch Japanは2006年に開設され、アメリカのスタートアップ企業の動向と新製品をつぶさに伝えてきた。

 次世代のテック・トレンドをいち早く知ることのできるサイトとしてゲーム業界でも信頼を寄せる読者が多かっただけに、今回の告知にはサイト閉鎖を惜しむ声があがっている。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
PickUPs!編集部
PickUPs!編集部https://pickups.jp/
ゲームビジネスの最新情報をお届けします。Twitter、Facebookのフォローもお忘れなく!

PickUP !

Related Articles

2周年記念施策により『ブルーアーカイブ』がAppStoreのセールスランキング1位を初めて達成

1月24日のメンテナンス後から、2周年を記念した施策を展開。最高レアリティのキャラクターが確定で入手できるパッケージなどを販売している。

『Among Us VR』が発売から10週間で累計販売本数100万本を突破 統計データも公開

世界122カ国のユーザーが『Among Us VR』をプレイ。試合は累計400万回以上行われ、1日平均44,000試合が開催されている。

Stay Connected

TOP STORIES