任天堂、3DS及びWii Uの「ニンテンドーeショップ」サービス終了を発表。思い出を振り返るアカウント連動ページが公開

 任天堂は2月16日、同社が提供するニンテンドー3DSシリーズおよびWii Uの「ニンテンドーeショップ」について、サービス終了が決定したことを発表した。同日、ニンテンドー3DSとWii Uの思い出を振り返る「My Nintendo 3DS & Wii U Memories」も公開されている。

  

「ニンテンドーeショップ」サービス終了

 今後、段階的にサービス終了までの日程は以下の通り。

  • ニンテンドーeショップへの残高の追加2022年8月30日(火)
  • ソフト(ダウンロード版)、追加コンテンツ、利用券、ゲーム内アイテムの購入:2023年3月下旬

 なお、クレジットカードと交通系電子マネーを用いた残高の追加は、既に2022年1月18日に終了している。また、2023年3月下旬のサービス終了後は、無料ソフト(体験版含む)のダウンロードや、入手済みのダウンロード番号の引き換え、任天堂ホームページでの販売も終了。ニンテンドー3DSシリーズの「テーマショップ」での販売も、あわせて終了する。

 さらに、『ファイアーエムブレムif』など、最後までプレイするためにゲーム内で追加コンテンツのダウンロードが必要になるもソフトに関しても、新規のダウンロードを終了するとのこと。

 そのほか、サービス終了に伴って、一部コンテンツが無償化される予定。

 なお、更新データのダウンロード、購入済みのソフトや追加コンテンツの再ダウンロードは、引き続き利用可能となっているが、将来においてはこれらのサービスも終了する予定だという。こちらは具体的な日程が決まり次第、改めてアナウンスされるとのことだ。

  

「My Nintendo 3DS & Wii U Memories」公開中

 今年で、ニンテンドー3DSは発売から11年、 Wii Uは10年を迎える。My Nintendoでは、自身の「ニンテンドーネットワークID」を連携することで、両機種の遊んだ総プレイ時間や、総プレイ本数などを振り返ることができる特設ページを期間限定で公開している。

▲画像は任天堂公式ブログより

 

ニンテンドー3DS 歴代ダウンロードランキング

 また、ニンテンドー3DSの2011年から2020年までの10年分のダウンロードランキング(ダウンロード版/ダウンロード専用ソフト/バーチャルコンソール)ページを公開。お馴染みのタイトルから、同ハードでしか遊ぶことが出来なかったレアなソフトまで見受けられる。

▲画像は任天堂公式サイトより

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
森口 拓海(Takumi Moriguchi)
雑誌やWEBメディアを中心に記事を執筆。ゲームは雑食で多様なジャンルを好み、業務の延長でアプリ分析も得意。恩のあるゲーム業界に貢献すべく日々情報を発信。

PickUP !

Related Articles

2周年記念施策により『ブルーアーカイブ』がAppStoreのセールスランキング1位を初めて達成

1月24日のメンテナンス後から、2周年を記念した施策を展開。最高レアリティのキャラクターが確定で入手できるパッケージなどを販売している。

『Among Us VR』が発売から10週間で累計販売本数100万本を突破 統計データも公開

世界122カ国のユーザーが『Among Us VR』をプレイ。試合は累計400万回以上行われ、1日平均44,000試合が開催されている。

Stay Connected

TOP STORIES