ゲームコンテスト「GFF AWARD 2022」最高応募数を更新。審査員にイラストレーター・さいとうなおき氏の登壇が発表

 福岡ゲーム産業振興機構(GFF)は、第15回福岡ゲームコンテスト「GFF AWARD 2022」の応募数が過去最高を更新したと発表した。

 「GFF AWARD 2022」は、ゲームソフト、グラフィック・アート、企画の3部門で行われるアマチュア向けのコンテスト。2022年は、3部門合わせて1,883作品の応募総数となり、2年連続で最高応募数を更新している。

 GFF最終審査員として、レベルファイブ代表取締役社長・CEOの日野晃博氏、サイバーコネクトツー代表取締役の松山洋氏、ガンバリオン代表取締役社長の山倉千賀子氏、九州大学 大学院芸術工学研究院准教授の松隈浩之氏が登壇。さらにゲスト審査員としてイラストレーター・YouTuberのさいとうなおき氏が登壇する。

 ゲームソフト部門4作品の公開プレゼンテーションと最終審査、各部門の表彰式の様子は2022年3月26日にYouTubeにて配信される予定。スペシャルトークショーでは、ゲスト審査員のさいとうなおき氏と共に、モデレーターとして松山洋氏が登壇する。

 公式Twitter(@GFF_PR)では、「GFF AWARD 2022」の最新情報を配信するフォロー&RTキャンペーンが開催。全3回にわたり、Amazonギフトコード1,000円分が抽選で10名に当たる内容となっているとのことだ。

 そのほか、配信当日に視聴したユーザーにGFF加盟企業から、ゲームソフトやオリジナルグッズなどの豪華景品が当たる「GFFAWARD 2022プレゼント抽選会」も実施される。興味のある方は、3月26日の配信をチェックしてみてはいかがだろうか。

 

ゲスト審査員

●さいとうなおき氏

イラストレーター兼ユーチューバー。『ポケモンカード公認イラストレーター』、ゲーム『ドラガリアロスト』メインイラストレーター、漫画『バキ』の着彩を担当。

 

GFF最終審査員

●日野晃博氏

株式会社レベルファイブ代表取締役社長/CEO。代表作に『メガトン級ムサシ』、「妖怪ウォッチ」「レイトン」「イナズマイレブン」シリーズなど

●松山洋氏

株式会社サイバーコネクトツー代表取締役。代表作に『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』(メーカー:株式会社アニプレックス)、『戦場のフーガ』など。

山倉千賀子氏

株式会社ガンバリオン代表取締役社長。代表作に『ONE PIECE WORLD SEEKER』(発売元:株式会社バンダイナムコエンターテインメント)、『縁がわ男子とけものたん』など。

●松隈浩之氏

九州大学 大学院芸術工学研究院准教授。シリアスゲームの研究開発に携わる。代表作に『リハビリウム起立くん』など。

 

開催概要

●名称 第15回福岡ゲームコンテスト「GFF AWARD 2022」
●日時 2022年3月26日(土)16:00~
※時間は変更になる可能性がありますので、最新の状況は、本機構HPをご確認ください。
●視聴方法 YouTubeにて無料配信(登録不要)
●主催 福岡ゲーム産業振興機構(GFF、九州大学、福岡市)
●後援 九州経済産業局、福岡県、福岡県Ruby・コンテンツビジネス振興会議
●協賛 TSUKUMO
●協力 福岡市科学館
●URL https://fukuoka-gffaward2022.com/

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
島中 一郎(Ichiro Shimanaka)
島中 一郎(Ichiro Shimanaka)https://www.foriio.com/16shimanaka
ライター。ゲーム・アニメ業界を中心にニュース記事の執筆、インタビュー、セミナー取材などマルチに担当。ボードゲームが趣味であり、作品のレビューや体験会のレポートを手掛けるほか、私生活で会を催すことも。無類のホラー好き。

PickUP !

Related Articles

Stay Connected

TOP STORIES